いまどきの男性はなよなよしている――。

確かに若い男性の「女子化」は流行語の常連です。「新語・流行語大賞」では、2009年には「草食男子」、10年には「イクメン」がトップテンに選ばれ、13年にも「日傘男子」が候補語になりました。また2015年の流行語候補としても注目された「女子力男子」。「料理上手でスイーツ好き」「美意識が高い」など、今まで男性が苦手な分野とされてきたことでも、女子以上にやり遂げます。

そんな"女子力男子"たちが増えている事に対し同世代の女性はどう思っているのでしょうか・・・


◆友達としては好きだけど、女の立場を脅かしている?

料理や家事、何でもできちゃう女子力男子は、友達としては「ありがたい存在」だけど、なかなか恋愛対象にはなりにくい、というのが女子の本音のようです。その理由は、「女としての自分の立場」を脅かされてしまいそうだから。確かに、女子力男子に対しては「一線を引いてしまう」「彼氏にはできないジャンル」とネガティブな意見も多いようです。


◆"女子力男子"の特徴とは?

まずは、女子力の高い女性と同様、美容に手をかける男性。ムダ毛の処理をしたり、アンチエイジングのために、化粧品や食べ物にこだわったり。そういえば、昔よりもツルっとした肌の男性が増えているように思われます。次に、女性顔負けの弁当を職場に持参する「弁当男子」に代表されるように、料理が上手な男性。

昔からいる料理上手な男性との違いは、男料理を作るのではなく、女子が好むヘルシーでお洒落な料理を作り、盛り付けも上手。それから、甘いものが大好きで話題のスイーツやパティスリーに詳しい男性。一人でもスイーツを食べに行ったり、差し入れのスイーツが、気が利いていたりします。


◆神経質で潔癖症

「女子力の高い男友達の家に行くと、いつでも部屋はピカピカ。コロコロがいたる所に常備されていて、髪の毛一本落とせない感じ。あと、体重の変化にも敏感で、自分の体調管理はしっかりしてキープするのは当たり前。周りの変化にも瞬時に気がついて『最近太ったでしょ』とか言ってきたり。これぞ、女子力男子って感じですね。女子より鈍感といわれている男子に、「少し太ったでしょ?」など言われたら、「気が抜けない」と思ってしまうかも。体型の変化を異性に口出しされると、心が落ち着きません。


◆お手入れを怠らない

みんなでお泊まりしたときに、お風呂上がりに化粧水をコットンにつけて、5分もかけて顔全体に浸透させている女子力男子。自信のない肌をマジマジと見られるのが嫌いな女子。特に、美肌男子に見られたら逃げ出したくてたまりません。すっぴんをみられて、「毛穴に汚れたまっているよ」と注意をされる可能性大。あんまり近くに来てもらいたくない存在です。


◆身の回りに敏感

いつも会う度にファッションチェックというより、服のシミやほつれ、毛玉を指摘してきたりする男子。何事にも敏感すぎるので二人きりではあまり会いたなくなりそう。せっかく楽しいデートが待ち構えているというのに、服をじろじろ見る儀式があると思うとワクワク感が半減。毎日会う存在になったら、気になってしまって眠れませんよね。


◆女子力男子と相性が良いのは、こんな女子!

本物の女子にも負けず劣らず、キラキラした女子力の高さを持った「女子力男子」ですが、中身は「フツーの男の子」と変わりなく、恋愛対象も女性なのだそう。
そんな彼らと相性のいい女性とは、「甘え上手な妹系タイプ」「サバサバした体育会系女子タイプ」「バリキャリ姉御肌タイプ」なるほど。これなら無理なくお付き合いできそうですよね。


◆さいごに

「女子力男子」は、女性と共通の話題で盛り上がりやすく、場合によっては、恋の対象にもなる男性。でも、気になる彼が、「お前、女子力高いな~」と男性に言っていて嫉妬する、というシーンもありうるかも!?

男女平等の考えが浸透し、結婚しても共働きが一般化してきた時代。
女性も外で働き、男性は家事も育児もする… 「女子力男子」のように今後ますます、男性と女性の役割がボーダレス化していくのかもしれないですね。





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)