大人になれば「付き合おう」という言葉がなくても、体の関係を持ったのなら恋人というポジションに自然になるのは当たり前です。ですが、中には体の関係を持っても特別な関係性へ移行しないという男女もいます。その一回きりで終わったり、その関係だけが継続するなど、あやふやな二人が続いてしまうというパターンも少なくありません。男子はそういったハッキリしない関係性でも有りという人も多いですが、女子は本気でも遊びでも関係性はハッキリさせておきたい生き物です。

しかも押しの弱い女子が多い中、女子の方が好意を持っていて、男子の心意はまだ聞いていない状態で関係を持ってしまったら「え?どうなっちゃうの?」と不安でいっぱいになってしまうことでしょう。「セックスしたんだから付き合ってくれるよね?」なんて、そんな自信満々な言葉を発せる女子は少ないです。


【セックス後に恋人になるために気を付けたいことは?】

本来ならば、セックスをする前に「お付き合いをしましょう」という口約束を交わすのが一番ですが、その口約束が大人になれば多少なりともの責任となり、先にセックスを知ってからという人も少なくありません。でも、そのリスクはやはり大きく、経験ばかり増えていってしまう女子が多いのも、それらが原因なのです。でも、もうそんな事も言っていられない間に事が済んでしまいました…という女子に、その後に気を付けた方がいいことをお話したいと思います。

♦セックス前と後の女子の態度や接し方の変化は男子を引かせてしまう場合がある
女子はセックス前と後の違いが、他人でも分かってしまう…というほど、雰囲気や態度などに変化がでてしまいます。きっと「私、この人と体の関係もってますから」的な「特別なんです」感を無意識に出してしまっているのでしょうね。しかも、それは第三者の他人に対してもそうですが、相手の男子にもそういった雰囲気を出してしまうのです。男子はその「セックスしました」的な雰囲気を漂わせる女子を嫌います。

女子からすると「え?セックスしたのに何で?」とチンプンカンプンになってしまうかもしれませんが、男子が相手に本気で好き!という思いを持たずにセックスをした場合、その女子の態度は「引くわ…」と思ってしまう要因となるのです。反対に「一回したからって彼氏面しないでくれる?」的な女子の方が、男子はセックス後でも“気になる存在”という位置づけになるので、このセックス後の女子の態度や雰囲気というのは大きな分かれ道となります。

♦セックスをしたとしても変わらずの態度をとるという賭けも必要
女子はセックス後に相手に対しての接し方など大きく変わりますが、男子は大きく変わるという事は少ないです。ですので、セックスはしたけど付き合っているわけではないという関係性の時は、彼女面は危険極まりない行為なのです。その彼が、他の女子と連絡をとっていると「はぁ?何してんの?」と怒りをあらわにしてしまう女子は多いですが、そこはグッと我慢して「前と変わらない対応」を心掛ける事で、「他の女子と違う…」とか「あれ?もしかして俺自身からかわれていただけなのかな?」というように、セックスをしたからといって自分のモノになっていない女だけが、その賭けに勝つことができるのです。


そんな男みたいな女子は少ないと思いますが、セックスをしてしまった後はもう祭りなのです。してしまった後悔を背負うよりも、その後の行動が新たな結果を生むのなら、そこに意識を持って行きましょう。飽きられない女は、予測不可能な女ほど、男子の本能を掻き立てるのです。




feet-224680_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)