春は出会いと別れの季節。年度末で仕事が忙しい中、歓送迎会に忙しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。会社の行事のようなものですから、仕事ではないからと参加しないわけにも行きませんし、幹事を任されている方もいることでしょう。

プライベートではなく会社での飲み会ですから、飲みの場だからといって心を許してしまいすぎるのは違いますよね。仕事同様の人に対する気遣いも必要ですし、かと言ってあまりにも仕事仕様では堅苦しい気もします。そこで今回は、歓送迎会でのNG行動をまとめてみました。(前回のNG女子はこちら)

◆愚痴に不満、ネガティブな話題を語り続ける

正直な話、職場での共通の話題というと愚痴に不満ばかりかもしれません。それでもいじられキャラの人のいつもの鉄板ネタなど笑い話にできるような内容であれば問題ないかもしれません。しかし、まして会社の人たちが大勢集まる場所ではできる話題ではないですよね。

いろんな人がいる歓送迎会だからこそ、皆が楽しめるような場に盛り上げなければいけません。誰かを傷つけるような会話や嫌な気持ちになってしまう会話では、あなたが嫌な人に思われてしまうこともあるでしょう。人をネタにした笑い話は、自虐程度に抑えておきたいものです。

◆同世代だけで話が盛り上がって上司がついていけない

新卒から上司まで、様々な年代が横断的にいるのが会社の歓送迎会です。年代的に若い方でも上の世代ですから、先輩のノリも後輩のノリも理解してあげられるのがアラサー世代ではないでしょうか。瞬間的に年代ごとに盛り上がることがあっても、わからない人がいる話題を長引かせるのは抑えておきたいですよね。

自分が主役や上長でない限り、場に合わせているだけでなく、場を作り上げることも考えなければいけません。乗り気でない人を巻き込む必要はありませんが、新しい人が輪に入れるようだったり、上司が退屈しないようだったりは気を配る必要がありますよね。

◆過激な下ネタにノリノリで参加する

下ネタっは手っ取り早く盛り上がるのですが、度を過ぎると不快な人も出てきてしまいます。更には女子が進んで下ネタに参加するのを嫌う人もいますから、ノリノリで参加するのは控えたほうが良さそうです。むしろ、度が過ぎた下ネタが長引くようであれば、話題を逸らすくらいの力量を見せたほうが良いかもしれません。

共通の話題を探すのも難しく、下手なことを言えないからこそ会社の飲み会は気遣いの連続で楽しめない人が多いんですよね。しかし、仕事をしていく上で飲みの場というのも大切となってきます。本音を聞けるような流れを作っていきたいものですし、皆が楽しく過ごせるようにしたいものですよね。

確かに下手なことをするよりはおとなしくしていたほうが良いのかもしれません。しかし、ただ黙って座っているのも気がききませんから、周りをよく見て行動できるようにしたいものですよね。

ウコン、しじみに満足できない方への最終兵器!

61b27463142fcf60312916d22bfce4b9_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)