大抵の女性はいくつになってもおしゃべりが好きです。学生時代のお昼休みの過ごし方を思い出してみれば、友達とずっと話していた気がしますし、母親を見ていても、還暦を過ぎても友達とおしゃべりしに出かけていきます。人と話をすることでストレスを解消するのが、多くの女性の楽しみなのかもしれません。

◆しゃべりすぎてしまう「おしゃべり女」には2パターンある

話し上手で聞き上手な明るい女性は、男女問わずしてモテますよね。しかし、人とのコミュニケーションが上手な人というのは、何もおしゃべりな人を指すわけではありません。周りが興味関心のありそうな話題を持ちかけることが上手であったり、相手が話しやすいような空気を作ったり、その場を皆が楽しめるようにオーガナイズできる人のことを指すのではないでしょうか。

物静かな人でもグサッとささる一言を持つ、言葉に重みのある人は存在感もありますし、自分の話題は一切なしに人の話を聞き出すのが上手な人もいます。それはそれでコミュニケーションに長けている人たちですし、魅力的に感じるものですよね。しかし、おしゃべりな人の中でも、浮ついた内容のない話をずっとしゃべり続ける頭の悪そうな女、理屈っぽい話を繰り返す女というのは、話していて楽しくないはずです。

◆内容のない話をしゃべりすぎる女は聞く気が起きない

女性らしいといえば女性らしいのですが、出口のない思いつきの話を延々している人っていますよね。目についたものを全て口に出しているのか、内容のない話をずっと繰り広げているような人です。暇な時に相手する分には構わないのですが、自分が忙しくなると会う時間がもったいなく女子でも思ってしまいますよね。

相談かと思いきや解決策を求めていないというのは女子あるあるではありますが、男性は内容のない話が好きではありません。趣味の話や仕事の話とトークテーマが決まって語りたがるのが男性ですから、おしゃべりな女は付き合いきれない……となってしまいます。

◆理屈っぽい話をしゃべりすぎる女は可愛げがない

かといって、男性脳を持ち、理屈っぽい話を繰り広げる女も可愛げがありません。適当に優しく受け流していいことを哲学するようでは、1つの会話のテーマを与えることですら面倒に感じてしまうことでしょう。すべての物事に価値基準を求めるタイプといえば良いでしょうか。

しかも、理路整然とした話をする女性というのは、頭は良いのかもしれませんが、どうしても固いイメージがつきまといます。周りと会話の歩幅やスピードを合わせられることが女子には求められるのではないでしょうか。物事を語るときは語り、会話を楽しむときは話し、上手に切り替えることが必要だと思います。

多くの場合、会話をリードするのは男性でアシストするのが女子であるほうが、うまくいく気がします。明るい女子のことは求めても、しゃべりすぎる女子は大概好まれません。さじ加減が難しいものですが、女子会での話しぶりと男性の前での話しぶりは意図して変えたほうが良いのかも知れません。そもそもの会話に求めるものが違ってきたりしますからね。


自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

1c45adb5706fe580fa1a8c8cb62e864a_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)