大人女子にとって、人には大きな声で言えない恋愛をしたことだってありますよね。たとえば、ワンナイトラブやセフレなど、彼氏以外と関係を持ったことがある人もいることでしょう。女性が自由にセックスすることにまだまだ抵抗を持たれる世の中ですし、話として披露するのは女子会での自虐ネタぐらいでしょうか。

◆素敵な人だと思ったらヤリチンに捕まってしまった!

あけすけにお聞きしますが、皆さんはヤリチンとセックスしてしまった経験はありますか? 多くの場合が、ヤリチンだとは気づかず、素敵だと思っていた人がフタを開けてみるとただのヤリ目だった……というのが大半ではないでしょうか。

ヤリチンとは最終目標であるセックスに向けて、万全を期します。たとえば、合コンを設定して考えてみましょう。同性愛者でない限りはヤリチンにとってセックスの相手は女子ですよね。ということは、相手である女子をみつけなければいけません。

彼らにとって最終目標はセックスですから、あまりにも生理的に無理でない限りは、女子であればOKなわけです。ということは、狙った女子以外にも全ての女子に優しくしてくれるのが彼らです。そして、機嫌を損なわせては目標を達成することができませんから、女子の扱いに慣れているものです。

◆女子の扱いには慣れているし、下手でもない、でも……

さて、先述の女子の扱いに慣れている素敵な男性にお持ち帰られたとします。何度も言いますが、目標達成までの道のりがスマートですから、ちょっぴりお姫様気分を味わうこともできます。セックス自体も下手ではないといった感じで、女子のツボを抑えていることでしょう。

しかし、ここで気になる点が1つだけ。多くの男性を見てきたわけではありませんが、ヤリチンの男のサイズって粗チンではないものの、大きくはないとは思いませんか? 別に満足がいかないわけではないのですが、そこまで大きいわけでもないような気がするのです。

◆男のサイズで彼らがヤリチンになった理由を考えてみる

そこで、どうして彼らはヤリチンになったのかを、男のサイズから考えてみることにします。恐らく男のサイズが小さい場合、自信が持てずに女子にガンガンいけるとは思えません。女子が思っている以上にコンプレックスを感じる部分のようですから、性格までこじれてしまうほどのシビアな問題です。

かといって、サイズの大きい人は慢心でもありませんが、細かなテクニックにこだわるよりも自分のモノに自信があるように感じられます。女子の胸の大きさではありませんが、小さい人は大きい人にちょっぴり勝てないような気がしてしまいます。

つまり、そもそもサイズが小さすぎては自信が生まれずにこじらせて終わってしまうこと。かといって大きい奴には負けたような気がするので、女子に対しての努力を惜しまないこと。この2点によってヤリチンは作られたのではないでしょうか。男としての自信は後からでも手に入れられることから、ヤリチンは誕生したのかもしれません。





underpants_underwear_clothing
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)