好きな人との別れは、どんな事情であれ悲しく寂しく辛いものですよね。好き同士でお付き合いが始まる場合もあれば、付き合ってみて好きになるかもしれないという始まりもあると思います。私たちが付き合う理由は、ただ‶好き‶だからと言う理由一つで充分なのに、別れは色々な理由を取って付けて離れていってしまいます。

男子から今の関係を断ち切ろうと考えた時、一番使われやすい別れの言葉というものがあります。それは「友達に戻ろう」です。

まだ彼のことが好きだという女子の場合、この言葉は最後の優しさという風に感じることでしょう。ですが、果たしてそうなのでしょうか?男子がよく使うこの言葉の‶本当の意味“というモノが何か…というお話をしたいと思います。少し痛烈な表現になるかもしれませんが、全ての男子がそうというわけではなく、そういう男子が多いため傷つく女子がいるということを知って欲しいですね。


◆男子が別れを告げるときに言う“友達に戻ろう”は本心なの?

まだ彼に対して気持ちが残っているのに、彼から別れを切り出されてしまった場合、この言葉は女子からすると安心する一言です。「嫌いになったわけじゃない、だから友達に…」ですが、この言葉って本当に‶友達“という存在に戻れるのでしょうか?

女子からすると「どんな関係性でも繋がっていられるのは嬉しい」という思いが先にきて、この言葉に対して「ありがとう」という気持ちにさえなるかもしれません。ですが!そもそも男子は"悪者になりたくない"という意識がとても強く、バッサリと相手を切ってしまうことは恋愛においてあまりありません。

男子の「友達に戻ろう」は、波風を立たせたくなく穏便に別れを選択しようとする、ただの気休めという意味がぴったりだと思います。


◆男は元カノという存在をどう思っているのか?

男子と女子では元カノ・元カレという存在に対しての位置は大きく異なると思います。よく恋愛において使われる表現のフォルダ分け作業ですが、女子の場合自然に上書き保存されていくのに対して、男子は「○○ちゃん」という風に名前分けして一つ一つ保存していくと言われています。
その大きな理由は、男子からすると元カノという位置は一番異性の中で都合のいい存在にしやすい・されやすいという判断基準をもっているからです。

「都合がいいとは?」と女子は思ってしまうかもしれませんが、では、元カレから別れたのにその後「会おう」と言われ関係を迫られたという人はどれだけいることでしょう。元カレと会って、体の関係だけを持った。
だけど、また付き合おうという言葉はなく、なぜかだらだらとそんな関係だけが続いていく。男子からすると、元カノという存在はプロセスを度外視出来る、一番楽な立ち位置にいる女子ということです。異性と特別な関係になるには、やはりそれに対しての関係性が必要ですよね。ですが、また1から関係性を築いてということを面倒だと思う男子が多く、そのせいでスマホで歴代の元カノを捜しだすという行動に走るのです。


◆まとめ

別れても好き…という人はきっとこの世界に沢山いると思います。ですが、何らかのことが合って二人は別れを選んだのですから、縁というものも薄かったという風に考えるしかないでしょう。

最終結論から言わせてもらうと、元カレという存在はお互い別れに承知して離れたのであれば、ちゃんと切って終わらせる方がいい!ということです。
後に体の関係を迫られることなく、復縁を望まれたのなら話は別です。それは、やはり相手の存在の大きさに気づいたという気持ちが大きいからなのだと思います。ですが、別れた状態で求めにくる男子はあなたのことを「都合のいい存在」という認識でしか思っていないと理解する必要があります。



驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)