恋をすると自信が持てなくなったり、相手を絶対的な存在に見てしまったり、いつもの自分をなくしてしまうこともありますよね。仕事での勝ちパターンが通用しないのが恋愛ですから、意中の彼の動きに一喜一憂するのも、仕方がないのかもしれません。

しかし、彼を好きだという自分の気持ちの動きや好意を持てる相手に出会えたことは、人生を彩るための素敵なことであり、本来であれば自分にとってプラスの出来事であるはずです。どうせだったら恋愛は、苦しむのではなくって楽しみたいものですよね。

◆「根拠のない自信」を持つのは悪いことではない

いつもの恋愛は出口が見えなくなってしまうけど、今回の彼は何だかうまくいきそうな気がする……。皆さんは、どういうわけか根拠のない自信や女子の勘が働いたことはありませんか? いくつかの恋愛を経験してきて、自身のパターンが見えてきたからなのか、男性の動きが見えてきたからなのか、不思議な自信が湧くことがありますよね。

まさに根拠がないと言ってしまえばそれまでですが、女子の直感とは鋭いものですから、その「根拠のない自信」を信じてみても良いのではないでしょうか。エビデンスはなくとも、それが背中を押してくれるものであれば、上手に使ってみるのも間違いではないはずです。

◆商品を進めない営業マンから物を買いますか?

好きな人がいることやお付き合いする人がいることは素敵なことです。誰かのファンになれる人は、誰かのファンになってもらえるはずです。本来であれば、ポジティブな気持ちとは連鎖するもの。自分に自信がないからと二の足を踏んでみたり、蔑んでみたりしているうちにチャンスを逃してしまうのです。

たとえば、あなたは商品の悪いところしか伝えてこない営業マンから物を買おうと思いますか? これはものだけではなく、人にも言えることではないでしょうか。自分の良いところを認めていない限り、誰も人の良いところは感じ取ってもらえないのです。誰かと比べるから自信はなくなるものですから、自分の中での自我を作ることが必要ではないでしょうか。

◆自信だけでなく幸せそうな人は幸せを惹きつける

自信のある人は物事をポジティブに捉えることができます。ポジティブに捉えられるということは、つまり自分にとって嬉しいこと、楽しいことのキュレーションが上手な人というわけです。自然と笑顔になれるものを見つけるのが上手な人は、やはり人や物が集まってくるものです。

そう考えてみると、幸せそうな人は幸せを惹きつけるのではないでしょうか。謙遜する人が多いのが日本人ではありますが、自分のことぐらい認めてあげてはいかがでしょうか。ありのままの自分を認めることで楽になりますから、笑顔だって増えることでしょう。幸せを惹きつけるためにも、幸せを感じ取るのが上手になるのが、人生を彩るコツだと思います。




faith_love_devotion_515711
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)