皆さんは、1日のうちで仕事をしていない時間をどう過ごしていますか? 自分磨きのエステにヨガ、読書に資格取得、更には彼とのデートに女子会に。女子力の高い人であれば、プライベートも忙しく過ごしていることでしょう。自分の時間を上手に使うことができる人は、端から見ても魅力的に映りますよね。

逆に、全ての時間を仕事に費やしているようなワーカホリックの人も、それはそれで魅力的だと思います。仕事に生きることは悪いことではありませんし、時間の使い方としても間違っていないと思います。わかりやすい成果となって表れますから、手堅い時間の過ごし方だとも言えるのではないでしょうか。

◆受動的に予定が立てられていくのってどうなの?

それでも、時間をただ持て余してしまって、何となくぼんやりして過ごしている方もいるかもしれません。周りから声をかけられるがまま、休みの予定を立てていく人もいるかもしれませんが、ちょっとだけ考えてみてほしいことがあるのです。

確かに、友達や彼に声をかけてもらって予定が埋まることは嬉しいことではあります。しかし、自分の限られた時間、軸を持たずに過ごしてしまうのは少しもったいないのではないでしょうか。ただ時間をやり過ごしてしまうのでは、自分のためにはならないと思うのです。

◆仕事や時間がないことは言い訳にはできない

また、何かをうっすらでも志した時、仕事で忙しいことや時間に融通が効かないことを言い訳にするのはもったいないと思います。アクティブに動いている人を見ると羨ましく思うものですが、やる人はやっている、ただそれだけのことだったりします。彼らにとって仕事や時間を言い訳にすることはないのです。

たとえば、土日休みのお仕事であれば、まとまった2日間のお休みがあります。残業の少ない仕事であれば、仕事終わりに何でもすることができます。それでなくとも、通勤時間や空いた時間をインプットに割いてみるだけでも変わってくると思います。

◆収入を得られる会社員だからこそ挑戦できることもある

会社員として務めている人が多いかと思いますが、私たちは会社に拘束される身分であり、時間も融通が効かないものです。しかし、一定の収入を得られるからこそ、リスクを取らずに挑戦できるとも言えるのではないでしょうか。限られた時間を有効に使っていくことで、やってみたいことに挑戦できると思います。

簡単に口に出せる「時間がない」「忙しい」といった言葉は、ただの言い訳ではないでしょうか。できるできないではなく、やるかやらないか、ただそれだけのことなのかもしれません。自分のための時間をどう使うか? 仕事でも恋愛でも趣味でも、自由な時間を自分らしく過ごしていきたいものですよね。




2
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)