皆さんにとって「恋愛」とは、一生続けていたいものでしょうか? ときめきを忘れずに恋人同士でいられる関係も素敵だとは思いますが、落ち着きや安定を求めるのが多くの女子の意見ではないでしょうか。あくまで結婚はゴールではありませんが、人生を共に歩んでいけそうな相手だと思った時、その関係を形にしたいと思うものです。

◆人生設計の中でのアラサーという年代

アラサーにとって結婚や出産を基軸に考えた時、今の彼氏、相手がいない人は次に出会うであろう彼との結婚を考えると思います。このまま今の彼氏とのお付き合いを続けていくうちに30代に突入したり、新しく出会った男性との関係を築き上げていく年月を考えてみたり。相手の有無に限らず、時の経過にシビアになると思います。

打算で恋愛を考えてしまうのは切ないものですが、世間では自由な恋愛を楽しめ、男女平等だなんて言いながらも、少子高齢化やら晩婚化やらを同時に主張してきます。つまり今後の展望に対する考えがないまま年齢を重ねるのは、誰だって怖くなるのは当たり前の話だと思うのです。

◆「本当にこの人で良いのか?」という問い

恋愛を楽しむのと同時に、彼が結婚にふさわしい相手なのかどうかを常に見極めようとしているのが女子だと思います。相手に特に不満はなくとも、「本当にこの人で良いのだろうか?」と悩んでいる人も少なくないのではないでしょうか。相手の全てを許せることなんて難しいですから、不満があったとしても仕方がないことです。

きっと迷いの中では、相手に妥協する気持ちがあるのではないでしょうか。女子は甘んじて受け入れる姿勢が強いため、嫌な部分に目をつぶることができるのかもしれません。言い方を選ばないとすれば、相手にとって不足がなければ、タイミングが合致した時に結婚できるのが女子だと思います。

◆今の恋が最後だと思いたいアラサー女子

素敵な相手だから最後の恋愛にしたかったり、結婚向きの男性だから一緒にいたいと思ったり。理想としては自分にとってプラスに考えられる相手を見つけることではありますが、果たして全ての結婚がそうだと言えるのでしょうか。

過ごしてきた年月があるからこそ相手を理解することができたり、もしくは必要な条件に絞ったからこそ出会うことができた相手であったり。いくつかの恋愛を重ねる中で自分の妥協できる部分、できない部分を見極めてきたのかもしれません。若い頃の今の恋を最後だと思いたい可愛い気持ちとは違って、経験を通しての結論だと思います。




beach_life_562596
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)