用量ピルは様々な病気の治療薬としても使われています。けれど、一般的な「ピル=避妊薬」のイメージから、低用量ピルの処方に戸惑いを感じたり、婦人科医からのピルや身体の悩みと関係のなさそうな質問に疑問を覚えたことはありませんか?

一般的にピルという時、それは経口避妊薬を指すことが多いようです。 ピルは主に排卵をとめることで避妊効果が現れます。 ピルには2種類の女性ホルモン剤が含まれています。その2種類の女性ホルモン剤を毎日飲むことで、身体の中の女性ホルモンの状態がまるで妊娠している女性と同じかのような状態になります。つまり『偽妊娠状態』が作られるわけです。 ピルは「妊娠すると排卵がとまってしまう」という女性の身体の自然の摂理を利用したお薬なのです。

そのピルですが、昔は含有されるホルモン剤の用量が多かったために、血栓症などの副作用が確認されていたため、医療現場でも患者さんの治療には使いにくいという弱点がありました。そこで、「排卵をとめて避妊する」という本来の目的を損なわず、副作用だけを軽減しようと、含有するホルモン剤の用量が少ないものが開発されました。それが今回お話しする低用量ピルというわけです。 以前使われていたピルは、高用量ピル、中用量ピルという言い方で今でも医療現場で使われています。今は避妊目的ではなく、主に病気の治療に使われることが多いです。 現在では、ピルは避妊薬であるのと同時に、病気の治療薬でもあるのです。ご存知でしたか?

身体に気になることがあって婦人科で診察を受けた際、医師から低用量ピルを勧められたことはありませんか?避妊目的で病院に行ったわけでもないのに。低用量ピルを処方する女性の病気は、実は少なくありません。 子宮内膜症、月経困難症(ひどい月経痛)、月経前症候群(PMS)、月経不順、過多月経(月経の出血量が多い)などが低用量ピルによる治療が行われている代表的な疾患・症状です。 この他にもいろいろあります。

・低用量ピルのリスクって…
ただし、婦人科医として、患者さんに知っておいて欲しいことがひとつあります。 婦人科医はいつも、避妊目的でも、病気の治療目的であっても、低用量ピルによる効果がリスクを上回ることを確認して、低用量ピルを処方しています。これは、ピルだけに限らず、すべての医薬品について言える事です。皆さんが普段何気なく処方されて、飲んでいる鎮痛剤や抗生物質、消化剤などお薬などにも副作用のリスクはあります。それを考えた上で、薬の効果がリスクを上回ると判断して、医師は処方しているのです。 ですから、低用量ピルも副作用についても、効果とリスクを正しく知れば、むやみに恐れる必要はないように思います。

・気になる低用量ピルの副作用
低用量ピルの副作用はとても気になるところですよね。血栓症ってご存知でしょうか。血栓症とは、血管の中で血液が固まって循環障害を起こす病気の総称です。動脈、静脈どちらの血管でも起こりえます。 代表的な病気としては心筋梗塞や脳梗塞、下肢の静脈血栓症、肺塞栓などです。時々ニュースなどでも耳にする『エコノミークラス症候群』もそのひとつです。血栓が発生した血管や部位によって生命に関わるぐらい重症なときもありますし、症状として自覚しないような軽症のこともあります。 これらの病名を聞くと、恐ろしい感じがしますが、低用量ピルを飲むだけで簡単に発症するわけではありません。血液がドロドロしている人や、先天的・遺伝的に血栓症のできやすい体質の人が低用量ピルを飲むと、血栓が発生するリスクが増えるのです。

具体的には、

・タバコを1日15本以上吸う人
・手術の前後などで寝たきりの生活を余儀なくされる人
・糖尿病・高血圧などの持病を持っている人
・過去の既往歴、家族歴から体質的に問題がある人

……など、リスクの高い人は問診でおおむね見つけることができます。

・問診は大変重要です
image血栓症は発症するときはピルの内服期間の長短に関係なく発症します。かつ、発症を予知する検査が一般的にはないという特別な事情もあり、リスクの洗い出しは内服を始める前にきちんと行わなければなりません。 血栓症以外の副作用でもそうですが、一見“ピルとは無関係”に思われるような医師と患者の問診が特に重要であり、そして問診でおおむね副作用は回避できるのです。


いかがでしたでしょうか。婦人科でピルを勧められたことがある方も、実際に内服している方も、婦人科医からのピルとは関係のなさそうな問診(質問)にも、できる限り正確に、正直に答えることをおすすめします。


コンドーム通販のLOVE MART!

medications-257336_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)