女性にとって恋愛の先には「結婚」を求める方も多く、その二文字を常に念頭に入れてお付き合いをしていることでしょう。しかし、男性にとって、女性の行動次第では拒否反応を起こしてしまう単語なのではないでしょうか。長年付き合っている彼女に結婚を迫られているだとか、結婚を前提に付きあおうとするアラサー女性が重たいだとか、やたらと強く意識しているのは男性の方かもしれません。

◆現実的に人生を逆算するのが上手な女性

昔であれば女性の婚期はクリスマスに例えられてきましたが、今でも仕事との両立や出産について考えてみると、どうしても年齢のことを意識せざるを得ませんよね。人生設計の中で仕事をこなしていくことも、家族を持つことも、物事を両軸に立って考えられるのが女性だと思います。注力すべきことを器用に分散できるのも女性だからこそ、できることなのかもしれません。

お付き合いしている彼氏がいる女性にとって、この先彼と別れることになったとすれば、今まで過ごしてきた時間を大きなロスタイムに感じてしまいますよね。お付き合いしている彼がいない方でも、結婚を考えられる人と恋愛できるように、取捨選択をするようになるのではないでしょうか。

◆いくつになっても夢を見ていられるのが男性

その一方で、男性は長く働いていくことができますし、むしろ働いていかなければなりませんから、仕事を中心に人生を設計することができます。むしろ社会性を持って生きていかなければいけないのは、可哀想でもあります。しかし、自分の夢の実現のために注力することや、思い描いた未来を作り上げるために躍起となるのは、ある意味幸せなことでもありますよね。

人生設計の中で自分のことだけを考えていれば大丈夫と言ってしまうのは乱暴ですが、女性に比べると社会で活躍する部分を中心として人生を考えることができますよね。もちろん家庭を持って安定した生活を求める男性もいますが、そのためにもお金を得る手段というのは重要となってきます。

◆夢のある結婚像を思い描くのは男性の方?

結婚に尻込みする一方で、結婚に対して夢見がちなのは男性の方ではないでしょうか。責任を感じて結婚に踏み切れない男性が多いとは思いますが、結婚が足かせとなって仕事が制限されたり、自由な時間が減ってしまったりが、女性よりも負担が少ないと思うのです。

結婚相手に対してある程度の妥協ができる女性に対して、運命の相手を求めているのも男性の方かもしれません。もっと良い相手と付き合えるはずなど、自分に過信できるのも男性の方ですよね。夢を描けるのは悪いことではありませんが、もっと現実的な視点を持ってほしいと女性にとっては感じてしまうものです。結婚することによって、他の異性との交友は明らかに制限されるのを嫌がるのは、男性のモテたいという気持ちが大きいのでしょうか。



love_in_motions_565932
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)