若いころと比較してみると、恋愛でのときめきは減ったと思いますが、それでも懲りることなく繰り返すのが恋愛ではないでしょうか。当時のように一喜一憂するわけではないけれども、良い方にも悪い方にも感情を揺さぶられることがまだまだあるはずです。

◆もともと恋愛は心が消耗しやすいもの

お互いの感情があって成立するのが恋愛ですから、楽しいことも悲しいこともあって当然です。恋愛がうまくいっていると、全てがうまくいっているように錯覚するのが女子ですよね。心が満たされることで余裕が生まれて、パフォーマンスも上がるのかもしれません。彼氏ができたばかりの女子って、なぜだか報告がなくとも見てわかるものですよね。

ただし、楽しいだけが恋愛ではありません。お互いの感情がぶつかるからこそ、そして理解して欲しい相手だからこそ悲しい思いをすることもあるでしょう。良いことばかりが恋愛ではありませんから、そこも醍醐味なのかもしれません。どっちにしても心を消耗してしまうものだということでしょう。

◆仕事に逃げるのは悪いことではない

恋愛がうまくいかない時、仕事に逃げることは悪いことではありません。むしろアラサー女子は恋愛がうまくいかないからといって、パフォーマンスを下げる立場ではもうないんですよね。生産性が下がろうが責任がなくなるわけでもないし、仕事が減るわけでもない。どのような状態でもこなしていかなければいけないのが、今の年齢なのかもしれません。

逆に仕事がうまくいっている時って素敵な出会いがあったり、自分の魅力が増したりで恋愛もうまくいく時もあります。仕事から相乗効果がうまれるのは何よりも素敵なことですよね。社会的、そして女性として認められた気持ちになれば、何事も無敵モードでできてしまうような気がします。

◆それでも仕事しか残らないのは寂しすぎる

しかし、恋愛はお休みにして仕事しかしていない場合、一定の期間を設けてモードを切り替えていかなければいけないと思います。というのも、人生の中で仕事しか残らないので寂しすぎるとは思いませんか? 恋愛だけとは言わず、趣味でも交友関係でも仕事以外の認められる場所が人間は必要だと思います。

アラサーともなると、恋愛がそのまま結婚という社会性のある関係へと進化させることもできます。更には出産、子育て、入学と社会的なイベントをこなしていく基盤ともなっていきます。結婚していない限り訪れないライブイベントがたくさんあるのです。

今は仕事が楽しかったとしても、それだけでは残るものがあまりにも貧しすぎるような気がするのです。もちろん仕事のおかげで得られるものはたくさんありますが、欲張りな女子だからこそ色んなものをちょっとずつつまみ食いしていきたいものですよね。仕事一徹なんて不器用なことより、もともと器用なはずですから。


【スク婚】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)