女子の 「やめて」とか「いや」って言葉、男子からするとさして嫌ではないのかな?と思ってしまう場合があるということをご存知でした?男子は女子の言葉に対して そのままを受け止めるわけではなく、その雰囲気や空気で判断することが多いのです(その場合は体の関係に持ち込むか否かなどの時です)。そして色々な事が 済んだと後に、「嫌っていったのに…」などという女子の言葉。男子からすると「嫌っていっておきながらも受け入れ態勢だったじゃない?」と頭の中は?で しょう。そして男子自身も押してみて、女子のガードが緩く感じてきたらOKという判断基準を持っているのです。

本 気で嫌だったら自分を殴ってでも抵抗するだろうという考えなのでしょうね。ですが、女子は少々の好意であっても、押して押して押されまくってしまったらほ だされてしまうという事が多々あります。ですので、最初から受け入れ態勢で、焦らしていただけなんて可愛い駆け引きではなくて、どうこうしていくうちに抵 抗する気持ちや嫌だとういう言葉などが、「まぁ…いっか」という半分投げやり、妥協などに似た気持ちで流されてしまっていることが多いのです。

こ んなお話を男子が聞いたら、「まじ?」と思ってしまうかもしれませんが、押しに弱い女子の大半は押されている空気や雰囲気に流されてしまっているだけで、 嫌よ嫌よも好きの内というわけではないということもあるのです。押しに弱い女子は本当に多く、まぁいいか!という感覚は安易に持っていいわけではないので す。断れない女子、はっきりNOと言えない女子、そんな女子に対して自分のことを大切にするという本当の意味をお話していきたいと思います。


【嫌われたくない願望が強い女子は、押しに弱い】

嫌 われたくない願望は、男女問わずに持ち合わせているのが日本人に多いです。「私はこういう人間ですから!」と強く自分の意見を言える日本人は少ないですよ ね?その中でも男子よりも女子の方が、その傾向が大変強く“嫌われたくない願望”が出てしまい押しに弱くなってしまうという結果に行きつくのです。そし て、嫌われたくないから何でも言う事を聞いてしまう…というよりも、好意を持たれているから押されているという状況に多少の優越感を感じている場合が多い です。嫌な気持ちはしない…というのが、押しに弱い女子の弱点とも言えるでしょう。本当に絶対に無理!!という場合なら、相手に問わずハッキリとNOと言 えると思いますが、相手の立場やメリットデメリット、そういう部分も女子は無意識に考えてしまっているのかもしれません。


【押しに押されても、嫌なモノは嫌とハッキリいうことで遊び・本気の男をふるいにかけることが出来る】

押 しに弱い面を持っている女子が陥りやすい問題点は、相手がセックス目的だけなのか、または好きだから故ガツガツを出してしまっているのか、どちらの思いが あっての行動なのかあやふやとなってしまいます。セックスを目的とする男子だって、サルというわけではないので言葉や態度で迫ってくることでしょう。そこ で、NOといった後に「あ、じゃあもういいわ~」と引いていく位なら、そんな男子に身をゆだねなくて正解だったと思うわけです。ですが、女子は「あ、じゃ あもういいわ~」となられるのが苦手な生き物なので、例えそうなってしまったとしても相手に勝手に見切られるのは傷ついてしまうのです。ですが、もしもそ んな風に体を目的とした好意ならば、きっと自分の身だけが削れていく事になってしまうでしょう。その後に残った感情は、きっと余計に負の連鎖を断ち切るこ とは出来ないと思います。


押 しが弱いを言い方変えると、優しいという表現になる事が多いですが、この場合だとそれは優しさではなく、自分の意志をハッキリ言葉や行動に表すことの出来 ない流されやすい人間というだけなのです。そんな自分を嫌になる前に、流されない事で見えてくる相手の本当の姿をちゃんと受け止めるようにしましょう。事 後に後悔をしたとしても、後の祭りという事を忘れないようにしなければなりません。


驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

girl-97433_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)