皆さんは異性との普段の会話に困った経験はありますか? 口下手な人なら少しの会話でも困難に感じる場合はあるでしょうが、今回のお話は、「年齢によって言っちゃマズイフレーズというものがある」というお話をしたいと思います。

相手は何となく言った言葉でも、意外にもアラサー女子の心はキュッと小さくなっちゃっていることがあるのです。しかも、男子が何気なく言った言葉を「デリカシーがない!」と怒ってくる年齢はアラサー世代なので、アラサー世代の女子と上手に会話をできるようになれば、男力も自然に上がっていくように思います。

【アラサー世代女子が思わず反発したくなるフレーズとは?】

「女なんだから~」

この言葉は仕事の面でもプライベートでも言われやすいフレーズですよね。男社会がいまだに強いご時世なので、男子は男・女という大きくまとめた言葉をよく使います。嫌味ではないという気持ちを持っているかもしれませんが、アラサー世代になると女とか男とか性別での判断基準は無意味という考えがあるので、このフレーズに対しては「ん?」と敏感にキャッチしてしまうのかもしれません。

「結婚する気ないの?」

20代前半期なら「早く結婚しなきゃね~」という他人の声に「そうですね~」なんて簡単に返せたのに……。30代になると、結婚をあえてしないのではないか? という勝手な憶測も飛び交ってくるので、相手もこう言う聞き方になってしまうのでしょうね。

いやいや、結婚する気がある・ないなんて自分でどうこう決めるモノでもないでしょ? 相手がありきの話なのだから! 気持ち的には焦ることは、どんどん少なくなっていくのは確かだけどだからといってそういうわけでもないから結婚のモチベーションの高さを聞いてこられるのは正直面倒くさいんですよね。

「そんなに頑張らなくてもいいんじゃない?」

必死・頑張っている等々の言葉は、アラサー世代に地雷に繋がる危険性が高いです。仕事を一生懸命頑張れば、「そこまで頑張らなくてもいいんじゃない?」という言葉を言ってくれる人がいます。しかし、この言葉で「私のこと見てくれているんだ」なんて思わないのがアラサー世代です。

結婚という希望も捨てることもなく、だけど予定がない! そうなったら頑張れるところは仕事しかないのです。仕事を頑張れば頑張るだけ自分の為にも社会の為にもなる、存在意義を安易な言葉で片づけないでほしいと思ってしまいます。「だったら、あなたが私の人生面倒みてくれるの?」という心の声が出てきそうになっちゃうフレーズですね。

【アラサー世代が心に大きな傷をつけてしまうフレーズとは?】

「一人で生きていけそうだよね」

この言葉は年齢を意識した言葉ですよね。強そう・人に頼らずとも生きていけそうなんて言葉は、いくつになっても女子には嬉しい言葉ではありません。何歳になっても女の子なのだから、やっぱり男子には守ってもらいたいし、見ていてほしいと感じるのです。「そんなわけないじゃない!」と心の中で思っても、何も言えなくなってしまうのが、このフレーズでしょう。

「大人の恋愛をしよう?」

このフレーズは恋愛、異性関係に対して言われる場面が多いと思います。男子が大人の恋愛をしようという場面なんて、わずらわしくないように、こじらせないようにという思いで言ってくる人もいますが、この言葉を言われちゃ女子からすると「何も言えなくなる」というのが本音です。

女子は恋愛にはいくつになってもドキドキやときめきなどの心のスパイスは欲しているものなのに、それを年齢だけで蓋をされてしまったら、わがままや自分の思いなどさらけ出すことは出来ません。しかも、大人の恋愛をしようという男性に限って、既婚者だとか遊びの相手を探しているという場合が多いので、アラサー世代女子は決して引っかかってはいけない男子です。

年齢を気にしすぎじゃない、女子は? と世間の男子はきっと思っているかもしれません。ですが、その要因となるものは少なからず男子にもあると思います。年齢での区別や、若い女子の方がいい! という男社会の常識などもきっと女子の年齢に対してのマイナス感情を増加させていっているのかもしれません。

年齢に囚われずに、今の自分が好き! という女子もきっと多いと思います。そんな自分でいられるように、私たち女子はいつまでも女という意識を自ら捨てずに持ち続けたいですね。

驚愕の縁結び成就率!当たる本格電話占い霊場天扉

TAKEBE160224540I9A0512_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)