恋愛は楽しいことばかりではありませんから、マイナスの方へと感情を揺さぶられることもあります。相手に言いたいことが言えないだとか、彼の行動に許せないところがあるだとか、気づかぬうちに不満でいっぱいになるものです。更には、出てきてしまった不満を相手に対して伝えるにしても伝えないにしても、いまいちすっきりしないんですよね。

◆相手に対する不満はどうして溜まるのか?

彼に対する不満はどうして溜まってしまうのでしょうか? 本来であれば好きで付き合いが始まったはずなのに、時の経過とともに好意以外の感情も生まれてくるものです。それは相手に気を許しているからこその欲求なのかもしれません。どうでもいい他人では干渉しようとする気なんて起こらないですよね。

関係や距離感が近いからこそ、お互いの衝突は避けられないものです。誰よりも大切に気を遣わなければいけない相手のはずなのに、どういうわけか誰よりも気遣いを忘れやすい相手でもあるんですよね。相手は自分ではなくもう1人の人間ですから、自分の思い通りになんていかないはずなのです。

◆限られた時間の中で安心を求めたはず

彼の行動がいちいち気になったり、目につくようになったりするのは、それだけ彼のことをよく観察しているとも言えます。先述の通り、他人では気にならないことが近い相手だからこそ見えてしまうのです。更には、近いからこそ目障りだとも言えます。好きだからこそ許せないといった部分が増えてしまうのでしょうか。

しかし、本来であれば忙しい毎日の中で安らぎを得られるのが恋愛だと思います。学生時代のように時間がたくさんあるわけではありません。仕事を中心とした限られた時間の中で、安心を得るために二人のお付き合いはスタートしたのではないでしょうか。

◆相手に対して不安になるのは暇なせい?

時間的な制約だけでなく、物事の優先順位も関わってくると思います。仕事中心の生活と彼中心の生活の2つがあったとします。本来であれば、前者の仕事中心の生活をお付き合いが始まる前は日常的にしていたはずです。むしろ、彼との時間がないからこそ空いた時間もあったはずです。

しかし、彼中心の生活としてしまうと、仕事にも身が入らなくなってしまいます。多くの男性は仕事と恋愛をまるっきり別のものとして考えることができますから、2つを同時に考えることのできる女子が重たく感じられてしまうのでしょう。

我に返ってみた時に、彼とのお付き合いの他にも楽しいことはあったはずです。何も恋愛だけが夢中になれるものではありませんよね。忙しい毎日の中での安心を求めるための恋愛が、不満を溜めるだけの恋愛になっているのでは悲しいものです。彼に対する不満ではなく、感謝をもっと多く感じてみてはいかがでしょうか。




TAKEBE160224000I9A0460_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)