面倒な飲み会には断る理由を見つけて上手に回避することができるのに、好きな男性からのアポとなると断れない女子が多いのではないでしょうか。そもそも断る理由なんてないのですが、それが明らかに都合の良い女扱いだったとしても誘いは快く受け入れるべきなのでしょうか。

◆彼からの「会いたい」という魔法の言葉

自分が会いたいと思っている彼から「会いたい」なんて連絡が来たら、信じられない早さで既読、気付いた頃には返信をしてしまうものではないでしょうか。完全なる惚れた弱み、彼に対する優先順位が高くなるのは仕方のないことでしょう。たとえば、いつもは忙しそうな彼からの連絡となると尚更のことではないでしょうか。

しかし、まだデートっぽいお誘いは喜んで誘いに応じるものですが、真夜中に「家行っていい?」なんて連絡が来た時、皆さんはどう思いますか。たとえば、その時に自分が酔っていれば快く返信してしまう可能性もなくもないですが、少し考える時間を作ってしまいませんか?

◆自分から「都合の良い女」になっている可能性

それでも惚れた者負けで、結局のところ彼と会ってしまう人が多いのではないでしょうか。もし今回断ってしまえば次はないかもしれない……と悩む人もいることでしょう。どうしても相手に合わせた行動をとってしまいがちですから、彼からの要求を断れない人が多いはずです。今その瞬間に自分のことを求めてくれているわけですし、お人好しになってしまうのもしょうがないことだと思います。

彼の要求を飲んでしまったその時から、彼のリードに任せるがままの夜を過ごすことになるのではないでしょうか。本当はこんなつもりではなかったのに……は通用しませんよね。結局彼の都合良く動く女になってしまっているのは自分なのです。つまり、「都合の良い女」にしてしまっているのは自分のせいだと思うのです。

◆誰からでも「誘われるうちが花」なのか?

さて、果たして今の関係はハッピーエンドを迎えることはできるのでしょうか。将来性のある関係なのでしょうか。確かにうまいことやれるチャンスがないわけでもないですし、あなた次第では関係を昇華することはできるでしょう。確実に苦労がたくさんあるとは思いますが、それだけ好きなのであれば動くしかないことでしょう。

確かに「誘われるうちが花」なんて言葉があるように、声をかけてもらっているうちが花なのかもしれません。しかし、女性にとって年齢とは容赦なく姿を表しますし、周りからの判断基準ともなってしまいます。どうでもいい男の花になっているうちに、誰の花にもなれなってしまうのでは悲しくありませんか。選ばれることは大切なことですが、その前に選ぶことがもっと大切なのではないでしょうか。


驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

loves_silhouette_563191
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)