驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

お互いの感情が動いてこその恋愛ですが、気持ちだけで寄り添えるのは、もしかしたら最初のうちだけなのかもしれません。もちろんずっと仲の良いカップルもたくさんいますが、好意だけではうまくはいきませんよね。お付き合いの中で少し気に入らないことがあっても、うまく相手に伝えてみたり、結局我慢してみたり、お互いの試行錯誤があるものです。

◆付き合ってから相手を好きになれる女子

物事の雰囲気や全体像を捉えるのが上手な女子は、生理的に無理な人間以外は優しく受け止めることができます。相手のことを決め打ちしなくても、自分のことを好きだと感知した時、寛容に対応できるのが女子ではないでしょうか。

多くの場合は男性の告白から始まることが多いですし、そこまで最初は相手のことが好きでなくとも、付き合っているうちに徐々に情を感じてくるものです。相手を愛おしく思う気持ちは女子のほうが強いのかもしれません。男性の方が怖がりの人も多いですし、意外と物事に対して動揺しないのかもしれません。

◆相手を減点方式、加点方式どちらで見ているのか?

最初から好きか嫌いかで判断する男性は、最初が1番気持ちも盛り上がっているものです。彼らが付き合っていくうちに連絡が減ったり、そっけない態度なったりするのは、相手に油断してくるからではないでしょうか。いい意味では気を許しているとはいえ、どちらかというと怠慢な態度だとも言えます。

一方で付き合ってからでも好きになれる女子は、相手のことを加点方式で見ているのかもしれません。そこまで幻滅することもありませんから、最初が低いというのは良い傾向なのかもしれません。もちろん全てを加点できるわけではありませんが、大幅に減点する時は別れの時なのかもしれません。

◆付き合う理由を言える男、別れる理由を言える女

相手を好きになった理由を言えるのが男性で、相手を嫌いになった理由を言えるのが女子だと言われています。気持ちが冷めるとはまさに言葉の通り、その時が冷静になれる瞬間のようです。どちらかというと感情と感性で動くのが女子ですから、頭を働かせて論理的に考えてしまうと男性よりも冷酷になってしまいます。

確かに別れた後にこじれやすいのは男性の方ですよね。上書き保存や名前をつけて保存なんて例えもあるぐらいですから、まさにキレイに忘れてしまうことができるのが女子のようです。あなたは相手を減点方式で見ていますか、それとも加点方式で見ていますか。全ての男女をキレイに分けるのは難しいものですが、恋愛の中で加点と減点が誰しもあるのではないでしょうか。

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

couple_x_paris_566289
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)