不意に、なんだかセックスすることが普通になって毎日セックスしているなんてことってありませんか?確かに、セックスを毎日するとメリットはありますが、それを考えてセックスする人はなかなかいないと思います。そうではなく、セックスしないとなんだか落ち着かなかったり、自然と求めてしまったりするとセックス依存症かもしれません。もしかして...と不安に感じてしまっている人のために、今回はセックス依存症かもしれないサインを紹介したいと思います。


◆セックスしないと寂しさを無性に感じてしまう

寂しさを感じるのは人間なら誰でも感じるものだと思いますが、セックスしないと寂しさを感じてしまう場合、もしかしたらセックス依存症になっている可能性があります。好きだよ、愛してるなど愛の言葉を相手からもらったとしても、なんだか物足りないしそれだけでは不安だったり、寂しい気持ちになってしまって、セックスをした時に愛情を感じて心が満たされる人が要注意です。セックスしないと心が満たされなくなるのはかなり危険信号だと言えるので気を付けましょう。


◆やりたくて仕方がなくなる

場面によっては我慢しなければいけない時ってありますよね。相手の家が実家の場合で、親がいてさすがに出来ないという状態だったり、外出中だったりと色々とありますよね。ですが、その性的衝動や欲求に負けてしまいやりたいという気持ちが勝り始めると少し危ないかもしれません。一日に一回だけではなく、何度も同じ相手に求めたり不特定多数の人とセックスの為だけに知り合ったりと行動も少しおかしくなってしまう可能性もあります。自分では気づかない間に自然とやってしまいがちなので、誰かに言われて初めて自分がセックス依存症だと気づくこともあるようです。


◆初めてあった人でも簡単にやってしまう

これは、セックス依存症になってしまうと、どんな男子でもあくまでも性の対象としてしか見なくなる傾向があるそうで、初対面だとしても男子であればセックスしてしまうようです。なので、初対面ということもありどうやってセックスすればいいんだろうなど、頭の中をその人とのセックスのことで頭いっぱいになってしまう人はかなり依存症の疑いがあるようです。初めて会う人とやってしまったという、事後の罪悪感で依存症なのかな?と思い始める人が多いようです。初対面の人に対して、性的にしか見れなくなった時は気を付けた方がいいかもしれませんね。


セックスをしないと愛情を感じなくなってしまうのはかなり危ないかもしれません。依存症だと思ってなかったとしても気づいたときには依存症というパターンも多いようです。早めに、もしかしたら…と思うことが出来れば違いますが、周りに言われたり気づいたときに、あまりにも不安になるようでしたら、心療内科に早めに行くことをオススメします。精神的に満たされなかったり、何かあった時に発症してしまう事があるそうなので、精神的に落ち着けば治るものです。焦るよりも、落ち着いて自分の心の穴を埋めていきましょう。



woman-759688_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)