「私ってモテないから」と思い込んでいるかもしれませんが、ふとしたきっかけで急にモテるようになったという話、聞いたことありませんか? そう、自分が喪女と思っていても実はそうではなかった、環境のせいだったということは良くある話なんです。昔喪女だったという人の人生のターニングポイントと照らし合わせ、喪女脱却の機会を探り当てましょう。

①違うグループの飲み会に行ったら急にモテた!

これ、単に周囲に自分と合うタイプの男性がいなかっただけって話ですね。派手好みの男性ばかりがいる職場や、家庭的な女性を求める男性が多い職場、ノリの良い女性を好む傾向にある職場、職場によって好まれる女性の傾向が違うことは割とよくあります。

そのため、自分の傾向と合うグループに参戦した途端、急にモテモテ! ということが起きるのです。今の職場や友人関係に出会いがないなーと思ったら、思い切って全く知らないグループに入り込んでみるのもいいかもしれませんよ。

②引っ越しが人生を変えることがある!

引っ越し先にたまたまいいバーがあってそこで出会いがあった、引っ越し先の付近にはショッピングをするところがたくさんあっておしゃれの幅が増えた、職場が近くなり、化粧に時間をかけることができるようになったなどなど、引っ越しは今までの生活をガラッと変える効果があります。

また、日当たりの悪い部屋から日当たりの良い部屋に移動して顔が明るくなった、家賃が減ったため交際費を余分に出せるようになったなど部屋を移るだけで効果発揮するケースもありますので、あまりにもモテない、八方塞がり! というときは、気分転換もかねて引っ越ししてみるのも一つの案ですね。

ただ、引っ越すからには今まで住んでいたところよりも条件の良いところにしなきゃだめですよ! 周囲に出会いポイントのありそうなところが見つかればなおGOOD。自ら環境を変えることで何かが変わるかもしれません。

③一人の時間を増やしたら急に声をかけられるようになった!

女友達と常に一緒にいたらそりゃあモテません。子供っぽいという印象のほかに、声をかけづらい雰囲気も与えてしまいますので男性からするとどうしても誘いづらいということになるのです。なので、ちょっと友人と離れ、一人っきりでぼーっとする時間を作っておけば男性側も「あっ、今なら話しかけられるかも」と気安く近づいてくれるというわけ!

こんなに頑張っているのにどうして!? と女友達と愚痴りまくっている暇があったら男性が声をかけるチャンスを作りましょう。

④仲の良い男友達と離れたら他の男性からアプローチが

あまりにも仲の良い異性の友達がいると、周囲から「あの二人は付き合っているんじゃないか?」「あの男のことが好きなのかも」「自分が入るスキはないだろうな」と思われ、声をかけてもらえなくなってしまいます。お付き合いしている男性ならともかく、そうでない男性ならある程度の距離をおいておくべきでしょう。

自分はフリーだ、彼氏募集なんだと公表したら途端に男性が群がってくることもありますので、モテたいのであれば特定の親しい男性を作らないようにするべきなのです。男性がアプローチしやすい状況を作ってあげることもモテるオンナの秘訣というわけですね。

このように、自分はモテないオンナだと思い込んでいるだけで、モテるチャンスを外しているだけだったというケースは多いのです。彼氏が欲しい! モテたい! そう思うのであればまずは行動し、環境を変えてみましょう。案外素敵な未来が待ってるかもしれませんよ。モテは待ってても来ない、自ら探しに行くものなのです。



SAYA160312200I9A3531_TP_V
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)