昔は「25歳で結婚しなければ行き遅れ」と言われていましたが、近年は30過ぎで結婚するのも珍しくなくなってきましたね。とは言っても、結婚願望のある女性なら、30近くなってきて結婚の話が出てこないと、ついつい焦ってしまいます。

「子供を産むなら高齢出産の前に」「今いる彼と結婚しないと次の相手なんか見つかるわけない」「30前には結婚を」「親や兄弟がうるさくなってきた」……結婚を焦る理由はいろいろあるでしょう。けれど、焦って結婚するのはお勧めできません。結婚とは人生の一大イベント。≪この人!≫と思った相手とするのがベストなのです。

【焦りは相手にも伝わる】

焦りが相手にも伝わると、足元を見られることになります。「こいつ、俺と結婚するためなら何でもするんじゃないか?」「結婚を餌にすればヤラせてくれるかも」とダメンズを引き寄せるのです。ダメンズに引っかかっていては将来性もへったくれもありません。それどころか、婚期が終わったところでさようならされてしまう可能性もあるのです。

そうなってしまってはもう、新しい相手を探す時間もなく、タイムリミットを迎えてしまうことにもなりかねません。急がば回れ、焦らずじっくり構えることが結婚への近道なのかもしれませんね。

【焦ると相手の悪いところが見えなくなる】

結婚はゴールではありません。焦っているときは「結婚さえできればいい」「この際誰でもいい」なんて思うかもしれませんが、いざ結婚した後、長い長い時間をその相手と過ごすことになるのですよ。悪いところにうすうす気が付いていても見て見ぬふりをする他、これくらい大丈夫! なんて思っていると大失敗してしまいます。大事なのは結婚後の生活。あせって妥協し、あとで後悔するより最初から吟味しておく方がずっといいのです。

【焦っている女には近づきにくいもの】

彼氏募集中の人は特に要注意。結婚に焦っている女は敬遠されるということをよく覚えておきましょう。「こいつ焦っているな」というのが伝わってしまうと、男性は結婚しないといけないというプレッシャーに押されてしまい、どうしても二の足を踏んでしまいがちです。彼氏募集中の場合は男性が寄って来なくなってしまいますし、交際中の相手がいる場合は、交際相手が逃げたい気持ちになってしまうことも。

結婚は男性にとって重圧のあるもの。確かに焦る気持ちもわかりますし、男性にも決断してもらわないといけないことですが、上手に話をもっていかないと重たいオンナになってしまい、結果独り身のまま年を取ることにつながってしまいますよ!

【余裕のある人の方がサッサと結婚するという現実】

余裕のある女性の方が結婚は早い傾向にあります。というのも、余裕のある女性は「この人がダメなら次にいける」という気持ちがあるため、男性側も必死になるのです。つまり、女性側が焦っていると「どうせ何を言っても俺からは離れられない」「ちょっと自由にしていても別の男に行くことはないだろう」と妙な安心感を与えてしまい、相手の男性が結婚に踏み切らないということになりかねないのです。相手の男性に危機感を覚えさせるのも大事なことなんですね。

【結婚後のビジョンは出来るだけ正確に持っておこう】

結婚に失敗しない方法はただ一つ、自分のビジョンをしっかりと持っておくことです。子供は何人欲しいか、仕事は続けるのかどうか、親と同居かどうか、賃貸派かマイホーム派なのか、さりげなくカレのビジョンを探り、自分のビジョンと照らし合わせ、結婚してもうまくいくかどうかをリサーチしておくと良いです。

ビジョンがない人は「彼が言うならそれでいいわ」「結婚してくれるんだもの、文句言わない」と流されるままの結婚生活スタート、後でこんなはずじゃなかった、もっと幸せな結婚生活が送りたかったと嘆く羽目になるのです。まずは自分がどういう結婚をしたいかを考え、彼とビジョンがあっているかを確認するのが幸せな結婚への道なのではないでしょうか?

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

53873c3477a7033ecfa58720ff58564b_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)