彼氏も友達も決して自分ではありませんから、思い通りに動かそうとしても動いてはくれません。厳密に言えば、相手の動きを予測して働きかけることはできたとしても、本人の意図を無視した「過干渉」は、お互いの関係を根本から壊してしまうものであるはずです。相手の個性や人格を尊重することが、大人の人間関係にとって何よりも大切なことではないでしょうか。

◆1番近い存在だからこそ気遣いを忘れてはいけない

自分と関係の近い彼氏だからこそワガママだって言いたくなりますし、聞いてくれるだろうと考えてしまいます。しかし、それはお互いに言えることであって、彼氏がワガママ放題で振り回されているのでは自分の人格を否定されているようなものではないでしょうか。一種の相手に対する甘えであったり、相手のことを格下になめて見ていたり、対等な関係だとは言えないのではないでしょうか。

彼氏や親友は誰よりも大切な存在であるはずです。自分のことをよく理解してくれますし、相手のことを理解しようとも思いますよね。関係が近いからこそ甘えが出てしまうものですが、本来であれば誰よりも気遣いを忘れてはいけない存在であるはずです。

◆人は思い通りには動いてくれない、動かしてはいけない

どんな相手であれ人を思い通りに動かそうとするのは、無理な話ですよね。特に大人ですから意思もありますし、揺るがない頑固な部分が価値観となって表れています。年齢と共に人は変化するのが難しくなるものですし、何よりも自分が変わらないからこそ相手を変えることなんて不可能に近いと思います。

つまりは相手を干渉するということ。お互いに大人だからこそ、自分の意思に従わせようとしてもその通りには動いてはくれませんよね。相手が自分の価値観からずれたことをした時、受け入れられなくなることもありますが、そこで自分の意思に従わせようとは思っても無理なことではないでしょうか。

◆愛情も友情も「過干渉」が関係を壊してしまう

自分のことを独立した一個人として見てもらえないのは困りますし、相手のことを見下したり支配しようとしたりするのはおこがましい話ですよね。逆に女子が彼氏からモラハラを受けることもあるでしょう。となると、人格侵害だとも言えますし、失礼だけでは済まされない問題ではないでしょうか。

愛情も友情も対等の関係が成り立ってこそではないでしょうか。どちらが上だとかの上下関係や主従関係はありえないはずです。自分の意思とは離れてたところで動くからこそ、新しい価値観に出会えたり、納得のいく別の答えが生まれたりするのではないでしょうか。相手への尊重や敬意は忘れてはいけませんよね。




couple-336655_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)