シニア世代の恋愛、結婚観が変化しているというニュース、ご存知ですか? 厚労省の人口動態調査によると、65歳を超えて結婚した高齢者が1990年は2000人弱だったのですが、2013年は8000人弱とざっと4倍の増加だそう。シニア向け結婚相談所が増え、お見合いパーティーへの申し込みは定員の2~4倍でキャンセル待ちの状態だというから驚きです。

最近では1人暮らしのシニアが増えているそう。近頃は死に別れのおひとりさまを「ボツイチ」と呼ぶことも。大切な人を失えば、喪失感に襲われる。立ち直るきっかけは何のでしょうか。お料理をしたり、旅をしたり、恋をしたり……。

婚活バーとして知られる都内の飲食店には連日多くのシニア世代の男女が訪れ、60代の未婚男性が子どもを持ちたいと毎日筋トレに励んでいるというのです。結婚相談所に登録する中高年の女性も増加中。ひと昔前なら世間体を気にして忍ぶ恋しかなかったシニア世代が、老いて、恋して、結ばれてという変わりようです。

◆団塊世代がこれまでにない高齢者像、家族像を模索

中高年の婚活ブームの背景にあるのは、夫や妻に先立たれた1人暮らしの高齢者の増加、50代を超えてなお未婚という人たちの増加があります。生涯未婚率(2010年)は男性20.1%、女性10.6%と増え続けています。さらに3人に1人が離婚経験者という時代です。家族や子どもに頼れないなかで、長い老後をともに暮らし、寂しさや不自由さを解消してくれるパートナーを求めるのは必然の成り行きなのでしょう。

結婚相談所の「楽天オーネットスーペリア」が60~64歳の独身男性を対象に調査したところ、肉体も心も年齢より10歳以上若いと自覚している人が6割に達したという結果も出ています。

◆シニア向け結婚相談所

シニア世代つまり中高年や熟年層しか入会できない結婚相談所などや、インターネットの出会いサイトが増えていると言います。シニア層が結婚相手に求める条件についてわかったことは、シニア層も若い世代と同じく、「性格/人柄」、「価値観」、「愛情」を重要視しているということ。異性に出会うためには結婚相談所などよりも「趣味・サークル活動」が有効であると考えており、「趣味」の合う人と出会いたいと思っている方が多いようです。

◆恋がしたい!

主婦の7割以上が「恋をしたい」「ときめきたい」とロマンティック&フェミニンな願望を抱いているのだとか。

◆語られるようになった中高年のセックス

女性ホルモンが低下する閉経後もセックスライフを維持し、70歳でも80歳でも、「セックスしたい」と思う女性はいるのだそう。一般的に「男は幾つになっても」といわれます、今では、「女性こそ幾つになっても」という時代に突入したんですね。

◆中高宇年の合コン事情!

中高年の合コン事情には、ゴルフ合コン、バーベキュー、アクアリウム(水族館)、美術館巡り、山登り、歌舞伎などの観劇、産業体験、日帰り温泉旅行、クッキング(料理)、社交ダンス合コンなどがあります。

いかがでしたでしょうか。驚きの中高年の恋愛事情についてまとめてみました。

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)