皆さんはこんな体験をしたことはありますでしょうか。香水の匂いを偶然嗅いで、元彼がつけていた記憶、その時の楽しい思い出を思い出すなんてことありませんか。ある匂いを嗅ぐことで、結びついている記憶を思い出すことを「プルースト効果」と言います。このプルースト効果について解説していきます。

◆プルースト効果とは

特定の匂いがそれにまつわる記憶を誘発する現象をプルースト効果と呼び、フランスの文豪マルセル・プルーストの名で知られるようになりました。懐かしい匂い、香水の匂い、カフェのコーヒーの匂いなどがこれに当たります。

ある調査によると、20代から30代の約半分の男女が匂いで元恋人を思い出したことがあると回答しています。人は恋愛に夢中になればなるほど思い出などを映像などで残すことが難しくなります。しかし、匂いや音楽であればすぐに記憶を呼び戻すことが可能です。

歌を聴いても元恋人と一緒に聴いていた曲を思い出すこともあります。そんなときにそのときの映像が鮮明に蘇ります。記憶喪失の人に匂いをかがせたことで記憶の一部を取り戻したという話もあります。それくらいプルースト効果は記憶と密接に関係しているのです。

◆気になる彼の脳内に自分の記憶を

そんなプルースト効果を利用することで、香りや音楽であなたの気になる男性の脳内のあなたの存在を記憶することができます。まさに恋愛に利用しない理由がないですよね。香りと音楽を利用して相手をあなたの虜にしてしまえばいいのです。

香りは、脳の中でも扁桃と海馬(記憶を司る部位)に大きな反応が現われます。嗅覚は脳の中でも原始的な感情を司る大脳辺縁系に直接つながっているので、より本能的な情動と結びつきやすいのです。これは五感の中でも香りに関係する嗅覚だけが持つ特徴です。

つまり、香りは本能的な行動や感情に直接作用する、と言い換えることができます。香りの記憶は心まで動かすことができるのです。

◆プルースト効果をうまく使うためには

まずは、気になる彼の状態を聞き出しましょう。その彼の心と体の状態にあった香りを選んでハンカチやプレゼント、便箋などにもこっそり香りをつけて渡すのです。このときに気をつけて欲しいのが、あまり香りが強すぎると不快に感じる男性が多いです。

シャンプーや柔軟剤の香りもプルースト効果に使えます。彼が仕事で疲れを感じているようであればラベンダーや柑橘類、イライラしたりしていることが多いのであればカモミール、悩みがあるようであればレモングラス、あなたにメロメロであるならばローズでさらにメロメロにしてください。これで、例え彼がどこへ行っても香りによって脳内にあなたの顔や姿が浮かび上がって気になって仕方がない状態になります。

いかがでしたか。季節によっても香りの使い分けをしてみるのもいいでしょう。是非、香りを味方につけて気になる彼をあなたのものにしてくださいね。それでは、素敵な恋愛を!



girl-1208307_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)