いざ出会いを求めて意図的に合コン、街コン、婚活パーティーに参加する回数を増やしてみても、次のステップに進めなければ、いくら出会いがあっても意味がありませんよね。男性がクロージングするように仕向けていかなければ、恋愛がはじまっていきません。たとえば婚活中だったとしても、お付き合いまで発展させてやっと結婚への道のりができますよね。

◆書店やネットに並ぶたくさんのモテるためのテクニック

書店にはたくさんの女子向けハウトゥー本が並び、ネット上にもたくさんの恋愛に関する記事が出てきます。女子でも理解できる無難なものから難易度の高そうなものまで、いとも簡単に「モテテク」を教えてくれます。どんな立場の人が書いたものかによって内容も変わってはきますが、おおよそが似たようなことが書かれています。

手っ取り早く恋愛市場に乗っかるためには、確かに一般的に述べられているようなモテテクも必要です。男性は女子のどのようなところを見ているのか、女子にどんなことを求めているのかを知ることは大切なことですよね。女子として男性に見られる自分というのを意識するのが、恋愛の土俵に上がる第一歩なのではないでしょうか。

◆小手先のモテテクで無難な女子になってない?

ただし、取ってつけたようなモテテクに頼るばかりでは、ただただ無難な女子になってしまうことでしょう。多くのテクニックは、女子に必要最低限求められていることでしかありませんから、できて当たり前くらいのものです。実は押さえておきたい基本の情報でしかないのです。

あなたの個性を抑えてモテキャラに徹しているのだとしたら、無難な女子としか彼には認識されないことでしょう。その結果、残念なことに無難な男性しか寄ってこない雑魚モテをしてしまうのです。個性の男性にあなたは心惹かれるでしょうか?

◆黙っていてもモテるのはハイレベルの美人さんだけ

個性がなくてもモテるのは結局のところ、超ハイレベルな美人さんだけです。彼女たちは何もしなくともモテます。イケメンを眺めているだけでも満足するのと同じことです。もしあなたが超絶美人であれば問題ありませんが、そこまでモテる人であったら恋愛でのテクニックに困ることもないですよね。

たとえば、合コンではダントツに可愛い子、ムードメーカー的な面白い子、どこか隙のあるヤレそうな子がキャラ立ちします。キャラ立ちしなければ相手の印象にも残りませんから、ただ無難な女の子になってしまうのでは意味がないのです。女子はニコニコしていれば大丈夫というのは、アラサー以上の婚活女子には通用しません。

自分の好きなタイプであったり、自分が好かれそうなタイプだったりを考えて、自分のキャラ作りをしていかなければ印象の薄い人となってしまいます。かといって、無理に演じても辛くなってしまうのは自分ですから、自分の個性とよく向き合って戦略は立てる必要があるのです。



guess-attic-837156_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)