マツエクサロンに行って、隣のベッドでゴーゴーいびきをかいている女性を見て笑いたくなる・・・いえいえ、実はあなたも立派ないびきをかいているってことはないですか?または自分の大きないびきで目が覚めかなり恥ずかしい思いをした経験ってありませんか?寝たいんだけどいびきをかくのがコワくて眠れない・・・お友達と一緒に旅行に行けない!そんな女性が増えていると聞きます。ではどうやったらいびきをかかないようにできるのでしょうか。


◆女性のいびきの原因

世の中には、スヤスヤと眠りにつける人と、いびきをかく人に分かれますが、いびきをかく原因とは何なのでしょうか?いびきは、睡眠中の呼吸による空気の出入り時に、喉や鼻の中の粘膜が振動してしまい音として鳴る現象です。 振動が起きる原因としては、

・肥満気味である
首周りや喉元に脂肪がつき、空気が通る気道が狭まる事で振動しやすくなる。

・下顎が小さめ
下の顎のサイズが小さいという方は、舌や顎周りの筋肉も小さいため、舌が奥に落ち込みやすく振動を招きます。

・加齢によるもの
中高年になってくると筋力が衰えるため、舌や喉周りの筋肉も落ち気道を広く維持できないため。

・鼻炎によるもの
花粉症や慢性鼻炎の方は、鼻腔内が貼れやすく気道確保ができていないため、鼻いびきや、口呼吸になっていびきをかきやすくなっています。

・寝る前にはお酒を飲む
お酒を飲むといびきをかくという方は、お酒のアルコールで喉や舌周りが弛緩作用で筋肉がゆるみ、気道が狭くなるためです。また、アルコールは花粉症など鼻炎を悪化させる原因なのでいびきもひどくなります。

・疲れている・ストレス
身体が疲れていたりストレスが多いと、身体は喉などの筋肉を緩ませてできるだけ多くの酸素を体内に入れようと働きます。そのため、いつもよりもいびきをかきやすくなります。

上記の原因は男性にも通じるのですが、女性に多いのが更年期あたりから増える女性ホルモンによるいびきです。 女性ホルモンの黄体ホルモンによって気道の広さを確保していたのですが、年齢と共に女性ホルモンが減ると、 気道確保が難しく、いびきをかきやすい身体になってしまうんですね。


◆いびきによる症状

いびきは、うるさいという悩みだけじゃなく、身体的にも怖い病気を引き起こします。睡眠時無呼吸症候群と呼ばれるいわゆる無呼吸いびきは、十分な酸素が脳や体内に行き渡らないため、 起きても身体がだるい、集中できない、物忘れがひどくなったなど障害をもたらしてしまいます。また、血中酸素不足から動脈硬化や不整脈、脳卒中、糖尿病を併発する可能性があるため、死亡率を上げるといわれています。


◆いびきの治し方

それでは、いびきはどう治せばいいのでしょうか?いびきを治す改善策をご紹介していきますね。

・ダイエット
肥満だという方は、ぜひダイエットに取り組んでください。いびきだけでなく、無呼吸睡眠に陥りやすいですし、他の病気にも繋がりますよ。

・横向きに寝る
仰向けや下向きに寝ている方は、重みで気道が狭くなりがちです。 横向きに寝ることで気道を広く確保できるようになります。

・お酒は控えめに
お酒を飲まないと寝れないという方も、量を減らすと筋肉緩和しすぎないので、いびきが減ります。

・鼻炎を治す
鼻炎は鼻いびきや、口呼吸によるいびきなどを引き起こします。 食生活改善などから始め、ひどい方はレーザー治療で鼻炎を治す技術がありますので、 鼻炎自体を治してしまうのがよいでしょう。

・ストレスを解消する
ストレスや疲れはいびきの大きな原因です。 無理しないで~という体のサインでもありますので、ストレスフリーな状態作りや、身体を休ませる事を意識しましょう。 女性ホルモンによるいびきですが、自力で気道の広さを広げるというのはかなり厳しく不可能です。いびきが本当にひどい方は、気道を広げる手術も耳鼻科や呼吸器科で相談できますので、一度相談されるのも手かもしれないですね。


◆いびき防止グッズを使おう

もっと早く効果的にかかないようにしたい!という方は、市販のいびき防止の改善グッズもオススメですよ。


いかがでしたでしょうか。いびきの要因は様々。早く改善できるといいですね。



00b1a6af78a9457e81310795ed112ee1_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)