20代前半までの恋愛というと、相手に対して打算がないというか、単純に好きな気持ちさえあれば付き合えていた気がします。特に最終的なゴールを設定するわけでもなく、今を一緒に過ごしたい人とその時を過ごしていたのではないでしょうか。彼との将来を妄想はしてみても、計画性を持って関係を考えていたわけではないと思うのです。

◆好きという気持ちだけでは時間が惜しい

アラサーになると、相手のことを好きなだけでは恋愛を続けることができなくなるような気がします。もちろん嫌いな人とは時間を過ごすのは何よりも無駄ですから、そこの切り捨ては容赦ありません。しかし、好きな気持ちだけでは相手と時間を過ごすことが惜しくなってしまうものではないでしょうか。

たとえば、お付き合いをする前で考えてみましょう。相手にも付き合いたい意思があるのであれば、関係が展開していくことを望みますよね。ただただデートを繰り返すだけでは、気持ちがモヤモヤしてしまうのではないでしょうか。結論を急ぐわけでもありませんが、好きなら好きで彼との結果を望んでしまいます。

◆恋愛の中で望んでいる「結果」とは?

さて、恋愛における結果というのはなんでしょうか。恐らく多くのアラサー女子が恋愛の末の結婚を望んでいるのではないでしょうか。たとえば、彼氏がいないのであればお付き合いにする結果を、彼氏がいるのであれば彼との結婚という結果を欲しがっているはずです。

もし彼に結婚の意志がないのであれば、たとえ気持ちでは好きであろうが付き合いについて考えてしまうでしょう。結婚するわけではないけれど大好きだと思えるセフレであれば、かえって割り切って好きなだけで結果は望んでいないと自分の中で割り切れるのかもしれません。今の関係についてのゴールを考えてしまうのが、アラサーの恋愛事情なのではないでしょうか。

◆恋愛のゴールを求めてしまうアラサー女子

どうしても女子は約束された関係というのを求めてしまいます。これからのキャリアや人生を考えるにしても、結婚というのを卒なくしておきたいと願う人が多いのではないでしょうか。今時専業主婦になれるわけでもありませんし、恋愛の中での選択肢やチャンスが多いうちに関係をまとめておきたいと思ってしまいますよね。

本来であれば、好きだからこそ相手と一緒にいるわけですが、それだけでは関係を続けていけないのは、結婚を考えるあまりでしょうか。決してお姫様願望なんかではなく出産に対するリミットであったり、人生設計を考えるからこその打算であったりするのかもしれません。

女子が結婚に対して鼻息が荒くなったり、逆に戦意喪失したりしてしまうのは、自分の将来のことを考えるからこそですよね。もっと本能で恋愛を楽しみたいものですが、それだけではいけないのがアラサーの恋愛事情なのかもしれません。



couple-1192005_640
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)