よく聞く恋愛の悩みの中に、「出会いがない」というのがありますが、積極的に出かける機会を増やしたり、出会いの母数を増やしたり、なるべく自分から行動してみなければ、勝手に増えてくれるものではありません。恋愛を始めるためにはまず出会いが大切ですから、自らの足で稼いでいくしかないのです。

そんな数ある出会いの中から、気になる彼ができれば何よりも幸せですよね。そこから関係が発展することを望んでしまいます。それでも、相手があなたに幻滅している場合は、どう動こうとも関係はびくともしません。男性が幻滅してしまう、恋愛対象に入らないNG女子。前回に続きまして、過去の記事の中から「出会い」に関するものをまとめていきたいと思います。(前回のまとめはこちら)

◆お互いのノリの互換性を見極めるのが必要【街コン編】

イベント性の高い街コンは、本気で出会いに来た人、話題作りのために来た人、参加者のノリが異なるのがネックです。楽しむ気持ちで参加するのが何よりも大切から、こちらが真剣すぎてもやはり引かれてしまいます。お互いのノリを見極めながら、会話を進めていく必要があります。

初めての人と会うときに求められるのは、何よりも感じの良さです。清潔感のある服装であったり、相槌が自然で話が盛り上がりやすかったり。どこで誰が見ているともわかりませんから、誰からもウケるような女子を目指して参加するのが良いのかもしれません。(詳しくはこちら)

◆身近だからこそ周りとのコミュニケーションが大切【職場編】

社会人ともなると、毎日顔を合わせる人=職場の人となってきますよね。事実オフィスラブ経験者は多いですから、意外と出会いの場としての機能もあるのではないでしょうか。共に過ごす時間も長くなれば情も移ってきますし、男女の関係になるのも自然な流れなのかもしれませんね。

とはいえ、身近だからこそ彼の前以外での態度がバレやすいのが職場です。周りとのコミュニケーションを大切にしていないと、自分にしっぺ返しがやってきます。仕事ができるできないではなく、社会人としての大人の対応が求められます。(詳しくはこちら)

◆真剣すぎても相手には引かれてしまう? 【pairs編】

男性も恋愛や結婚をすること前提に登録していますから、実りのある出会いが転がっているのがpairsです。今時、婚活アプリをきっかけに結婚した話も増えてきましたし、以前よりも抵抗がなくなってきているのではないでしょうか。SNS感覚で固くならずに使えるのもまた魅力です。

さじ加減が難しくもありますが、相手も真剣な出会いを探してはいても、女子があまりにもガツガツしすぎては引かれてしまいます。会ったことのない相手だからこそコミュ力が試される機会となっていますから、感じよく負担にならないコミュニケーションを心がけたいものです。(詳しくはこちら)

出会いに対してアンテナを張ってみることで、たくさんの出会いの場があることに気付きます。活かすか殺すかは自分次第ですから、せっかく出会いに対して時間とコストをかけるのであれば、コンバージョンを上げていきたいものです。幻滅されないように注意しながらも、何よりもその場を楽しみたいものですね。




marriage-918864_640
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)