お付き合いが始まって早何ヶ月、まだ付き合いたての2人なら記念日などそういった行事を忘れないものです。ですが何年も付き合っているうちに店恋と喧嘩をよく耳にすることはありませんか?「今日何の日だか覚えてる?」と彼女が聞くとします「何の日だったっけ?」と男性は返します。こうなってしまっては彼女の怒りは爆発寸前!「今日は2人が付き合って2年目の記念日じゃないのよー!」と喧嘩の発端になるのです。

こういった喧嘩を1度や2度は皆さんをした経験があると思いますが、なぜ男性はこういった記念日やイベント事と言うものを忘れてしまうのか?そして反対になぜ女子はこういった記念日や行事ごと忘れないのか?これは男脳、女脳に大きく関わってきているのです。   今回は、記念日を作る女の人とそれを忘れてしまう男の人のお話をしていきたいと思います。


【記念日を忘れてしまう=愛情不足ではなかった!】

先ほども書きましたが、大切な記念日を覚えていないと言う男性は非常に多いです。そしてそのため彼女に怒られるとエピソードも多いですよね。ですがこれは愛情不足といった問題ではなく、記憶能力に男女の差があるということに行き着くのです。自分自身の体験や起こった出来事、その時々の思いや情景に対しての記憶を【エピソード記憶】と言って、エピソード記憶に関係する脳内にある海馬と言う器官は、男性と女性では異なってくるのです。

よく男性よりも女性の方が記憶力が良いと言う話がありますが、それもこういった海馬の大きさが違うためおこってしまうものなのです。そして女性は、過去に体験した思いをより詳しく覚えていることが多いですよね。それは女性の記憶する方法として感情的に覚えるからです。大好きな彼との付き合い始めの日、初デートの日など、感情が強く働く出来事に対しては日ごろの記憶よりも鮮明に脳に戻ってくるのです。

感情的に女性は記憶していく分、男性の場合は感情よりもまず事実に関して記憶します。女性が嬉しかった楽しかったと言う思いを記憶するのに対して、男性は初デートの日は水族館に行った!というふうに出来事の事実だけを記憶していくのです。男性は事実を順序だてて記憶していくのが得意であり、女性のように感情で記憶するという事は二の次となってしまうのです。特に恋愛面での記憶が強い感情がついてくるので、女性は他の記憶よりもいっそう恋愛に対しての記憶力が抜群になってきてしまうのです。ですので記念日を忘れっぽい男性と覚えている女性、どちらが愛情不足なのかというお話ではなく、これは脳の違いが作り出した仕方のないことという判断が正しいのかと思います。

よく女性と男性との喧嘩で、女性は過去の出来事を取り返してきますよね、反対に男性は今はそんな話をしているんじゃないと現時点での喧嘩を追求しようとします。こういった喧嘩の仕方の違いでも、脳の仕組みというものが大きく変わってきているのです。感情に沿って記憶する女性は、同じような思いになると過去のそういった記憶がよみがえってくるのです。ですが男性は出来事に対して記憶するので、そんなことあったっけ?と言う風にこれはこれあれはあれと言うふうに別個で考えていくのです。男女間のもつれや喧嘩などで同じことを繰り返しやすいの男性と言うイメージが強いのもこういったことが原因なのかもしれません。


いかがでしたでしょうか?記念日を忘れっぽいから私に対して少しばかり優しい気持ちになれませんでしたか?記念日を忘れっぽい彼氏は愛情不足ではなく、脳のメカニズムの違いと言う根本的な認識のズレが関係してきているのです。ですので解決策としては忘れたことに怒るのではなく、それは仕方のないことだと捉え、せっかくの記念日なのですから2人仲良く楽しく過ごすべきではないでしょうか。      


驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

argument-238529_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)