昭和生まれの男性と平成生まれの男性の狭間にいるアラサー女子。一概に言えることでもありませんが、両者を比べてみると、年上の男性はどちらかというと何事にも積極的で、年下の男性は協力的な印象があります。

たとえば、飲み会を企画しようとなった時、日時を決めたり、場所を決めたりを率先して動いてくれるのが年上男性、日時も場所も「どうしようか」と同じ目線で一緒に考えてくれるのが年下男性ではないでしょうか。どちらかというと肉食の多い年上男性、草食の多い年下男性、結婚観にも違いがあるように感じられます。

◆結婚となると急に消極的になる30代独身男性

30代男性はというと、結婚して家庭を持つ人が多くはなってきます。しかし、その年代で独身の男性はというと、若々しくて仕事に遊びに忙しくしている印象があります。女子にも積極的で扱いも手慣れた人が多く、恋愛関係を純粋に楽しんでいる人が多いように感じられます。

しかし、そんな手慣れた彼らが、結婚については消極的であったり、否定的な意見を持っていたりします。まるで結婚が墓場であるように語る彼らは、結婚をすることで「自由」を奪われるような気がしているようです。彼女がいたとしても「いずれは……」といった感じで、なんだか急に煮え切らない態度を取る人も見られます。

◆恋愛と結婚を地続きで考える20代独身男性

一方で、年下男性のほうが好きな人でなければ付き合わないといったタイプも多く見られますし、付き合ってからは彼女一筋で遊びに歩かない人が多い気がします。実際に20代独身男性に結婚したいかを聞いてみると、「早く結婚したい」という声を広く聞くことができます。

女子と同じように恋愛と結婚を地続きに考えている人も多く、結婚に対してマイナスイメージよりも、言ってしまえば結婚を夢見がちに考えている人が見られるような気がします。これは年齢によるものなのかもしれませんが、女子とも協力的に物事を進める彼らは、割と女子と近い結婚観を持っているのかもしれません。

◆独身男性にとって結婚はゴールなのか、スタートなのか?

恐らく、30代独身男性の場合、結婚をゴールだと考えてしまい、そこで行動が制限されてしまうものだと認識しているのかもしれません。結婚したら落ち着かなければいけないと考えるあまり、今の生活のほうが気楽だと捉えているのかもしれませんね。

かたや結婚をスタートだと考えているためなのか、20代独身男性の中には「若いお父さんがいい」などの意見を純粋に持っている人もいたりします。女子にとって出産の年齢があるからこそ結婚や出産の年齢を気にするものですが、男性から子供に関する意見を聞くとなんだか打算がなくって可愛げを感じてしまいます。

世代によるものなのか、年齢によるものなのかは何とも言えません。しかし、アラサー独身女子の周りにいる独身男性というと彼らのどちらかのタイプとなります。恋愛を楽しむのであれば結婚に重たくない男性の方が楽しめるのかもしれませんが、結婚を考えるのであれば保守的な男性を選ぶ必要がありますよね。恋愛と結婚のバランスは考えれば考えるほど難しく感じられます。



man-1031687_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)