暑い夏が近づく足音と共に、浮足立った浅はかな考えをもった人たちも増えてくることでしょう。チャラチャラしている=男子というイメージが強いですが、それは女子も同じことです。軽そうにみられて得なことって、女子にはありませんからね!ですが、男子と同じで女子も夏のマジックにやられてしまうこともあるかと思います。もしも、気になる男子の前でそんな軽い言動をしてしまうと「あれ?この女の子って軽いのかな…?」と思われてしまっては、その恋の行く先は分かりきってしまいます。そんなことにならないためにも、開放的になりやすい夏こそ「堅めの女子」を意識する時です!!


【男子に「この女の子、軽いの…?」と思われちゃう言動って?】

♦異性に対してのフットワークの軽さは命取りになる!

夏は楽しいことの宝庫です。ですので、楽しそうなお誘いは「行く、行く~」とフットワークがどんどん軽くなっていってしまうのです。フットワークの軽さは異性・同性問わずに誘いやすいし、楽しいことをするには欠かせない存在になることでしょう。ですが、友達として見る分にはいいかもしれませんが、恋愛対象としてみるには、いかんせん不安要素の塊となってしまうと思います。「楽しいこと大好き!!」というのは、楽しそうであればどこにでも行ってしまうのではないか?という不安です。

しかも、夏は何かと危険な誘いが多発してしまうのに、そんな中フットワークの軽さを見せられると「友達止まり」になり兼ねないのです。ですが、日中の遊びの誘いは、そこまで軽めの女子という判断を男子はしませんが、基本的に行動が夜メインという女子は、軽い男子からすると「イケそう?」という目線で見てしまわれることがあるのです。


♦自分から積極的にボディタッチをしてくる女子

女子も男子も同じですが、好きな人に触りたい・触って欲しいと思うのは当たり前のことですよね。ですが、その距離感が最短で近くなりすぎてしまうと、やはり軽いのかな?と思われてしまう原因になってしまいますよね。その純粋に触りたい・触れたいという感情と夏の解放感が良い感じにマッチして、積極的になり過ぎてしまうと「この子、きっと誰に対してもそうなのかもしれない」と思われてしまう可能性が出てきてしまうでしょう。しかも厄介なことに、触れるまでは相手の異性も「触れて欲しい」と言う思いが強いかもしれませんが、触れた途端きっと熱が落ち着いて「あれ?もしかして…」と事後に思われてしまうのです。

男子は、特に恋愛に発展するまでが一番楽しいと感じる人が多く、相手との距離が縮まる間はそんなことも考えないのに、熱が冷めた時に冷静に判断されてしまうと「好きだから、行動したのに…」とこちらは思っていても、相手はそう思ってもらえない可能性が大きくなってきてしまうのです。それは自らの手で、恋のチャンスを逃してしまっているということになってしまいます。せっかくの楽しい季節が、軽め女子のイメージで終わらせられるなんて悲しすぎます…。


人は季節によって人恋しくなってしまう時期、独り身が楽しい時期など、心の変化は大きく変わっていくことがあります。特に夏は開放的になりやすい+恋愛体質になる季節でもあるので、日頃の自分よりも少し積極的になってしまうのでしょう。だからといって、女子は特に簡単に貞操観念を捨てるような、自分自身の価値を落とすようなことは決してしてはいけません。堅め女子というのは、箱入り娘でもお嬢様というわけではなく、異性と同性の区別を最低限でも持つことが大事となります。フットワークが軽いことは悪いことではありませんが、自分は女の子なのだ!という意識はちゃんと思っておくことが必要なのです。




girl-923573_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)