「この人は一体どういう人なのかな?」気になる異性に対してなら、尚更強く抱く思いですが、相手のことを知るにはやはり、時間と労力、見極める力を養わなければなりません。そんな時間も労力も無駄に使って、「え? この人こんな人だったの?」と思ってしまっては後に引けなくなっていることが多いと思いませんか。

会話の端々で見え隠れする相手の口癖を聞き、それらの潜在意識を分析できたら余分な時間はカットできると思います。今回は、気になる彼はどんな人かを口癖から見極める、彼の心の内をお話していきたいと思います。

【気になる彼の口癖はどんな言葉?】

「だから」

会話中でもよく使われやすい「だから」という言葉、この言葉を使う時ってほとんどの場合、相手の意見に否定する時や、自分の意見を押し通したい時、肯定して欲しい時に使いますよね。

自分の主張を強める言葉をよく使う彼は、「自分は正しいのだ」という思いが強い人の表れであり、相手に認めてもらうまで話を理詰めするようなタイプなら、幼い一面を持っているとも言われています。正論は正しいのですが、正論を武器に相手を抑え込もうとする姿勢は、支配欲の有る男子ともいえましょう。

「要は」

「要は」とか「要するに」という言葉を使いたがる彼は、まとめたがりの分析好きな男子とも言えます。こういった言葉をよく使う彼は自信過剰な一面を持っている人に多いと言われています。自分が望んでいる結論に、早く相手を導きたいというせっかちな面も持っているので、何に対しても少しルーズであるとか、マイペースな相手だとイライラしてしまうことも多いでしょう。せっかちな人に多い言葉とされています。

「なるほどね~」

相手の話に納得をして聞いているという言葉でもありますが、これは単なる相槌の一種でもある場合があります。深いところまで理解するまでもなく、相手の話を受け流すというスタンスを持っている人に多い口癖ですね。特に女子の話は面倒臭いと思いこんでいる男子は、こういった言葉を使うので、「前に言ったじゃない」という会話になることもしばしば。こんな口癖が多い男子には「この人、話聞いていないな」と思うことです。

「俺はね」

自己主張が強く感じるこの言葉は、意外にも反対の心理が働いており、私は周りにどう思われてもイイの!という表れではなく、私は周りにどう思われているのかな? というように不安の表れとも言われています。自分を定義する言葉は、周りにこう見られたいという気持ちが強くて、それを押し付けてしまう癖がある人が多いです。自分自身を固定観念でしばりつけてしまうので、自分でも窮屈に感じる人も多いようです。

「でも」

この言葉を使う人は多いと思います! 否定から入る「でも」という言葉は、慎重で用心深くマイナス面に目を向けがちな人に多い口癖ですね。こういった口癖を持つ人と話していると、小さなことでも反論してくるなど、何かとケンカになると面倒くさい人が多いのも事実です。

口癖は無意識に使っている分、自分の潜在意識で発していることが多いので、「この人はどんな人なのだろう?」と思うのであれば、相手の口癖や言葉のチョイスに目を向けてみるのも良いと思います。きっとこういうタイプの人なのかもしれないという風にわかっておけば、会話やNGワードなどに陥ることなくスムーズに進めていけると思います。

自己掲示欲や自意識過剰、そういった一面は皆さん誰しも持っている思いですが、それが強く出てしまう相手なら早い段階で見切りをつけるに限ります。



students-703001_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)