相手が自分のことをどう思っているのか?そんなことを考えたって、私たちはエスパーではないのですから、分かりうるはずもありませんよね。ですが、人は無意識のうちに心の中を行動で表してしまっているモノなのです。よく、心理カウンセラーや占い師さんなどが、「ズバリ!」と自分のことを的中してくることってありますよね。それらは瞬時に相手の動作や仕草で大抵の情報は察知しているとも言われているからなのです。今回のお話は、心理学にのっとって、気になる彼の心の内「私のことをどう思っているのか?」という部分を解明していきたいと思います。


【相手の気持ちを知るのは言葉だけじゃない!】

♦ノンバーバル・コミュニケーション

ノンバーバルコミュニケーションとは、人の姿勢や、表情、態度、声のトーンなどで気持ちを表す要素を言います。言葉の内容以外を表す【非言語コミュニケーション】とも言われています。有名な心理学者の先生が言うには、男子は好きな女子をイメージすると、どちらかの肩が下がるらしく、心の中の警戒心が薄れて落ち着くという表現になるのです。反対に女子は、苦手な人や嫌いな人に対して肩が下がる傾向があるらしく、男脳・女脳の全く異なる違いもあります。

こんな風に、言葉を発していなくても、人は無意識に行動で出てしまっているモノで、こうした表現を【ノンバーバル・コミュニケーション】言葉以外の~と呼ばれているのです。この方法で相手の心理を読み解くとするならば、気になる彼が自分に対して前のめりで会話をしているのであれば、この姿勢はあなたのことを口説きたいという現れです。人は自然にでも気になる人の方向に足を向け、身を寄せたいと考える生き物なのです。この動作をブックエンド効果といい、恋人同士になると(恋愛初期段階)よく見られる光景ですよね。


【脈ありサインと脈なしサインの違いとは?】

♦脈ありサイン

・一方の肩が下がっている。
・こちらに顔や体を向けている(身体ごと・足先だけでも)。
・会話中に少し前かがみになって話している、身を乗り出すようにしている。
・歩いている時や座っている時などの距離感が近く感じる。
・目を見て話そうとしてくれる。
・笑顔が多く、適度にうなずく。
・自分の話ばかりではなく、相手の話を聞きたがる。
・相手の些細な話も覚えている。
・相手の発言に、ちゃんと答えを返す。
・休日の過ごし方を知りたがる。

気になる彼にこういった節が見えたら、彼はもうあなたのことを「好きな人」という対象で見ていると思っていいでしょう。何個かだけ…という人は、あなたに対して興味はあるけど、まだ全ての感情を出すほどまでいっていないということですね。反対に脈なしサインとは一体どんなものなのでしょうか?

♦脈なしサイン

・肩を張って、ふんぞり返っている姿勢、腕を組む、こぶしを握っている。
・ほおづえをついて会話をする。
・相手との距離感を保ちたがる。
・視線が中々合わない。
・会話中に眉間がかすかに動く。
・相手の名前を呼ぼうとしない。

こういった節が垣間見えたら、その相手との距離感は考え直した方が賢明ですね。相手はあなたに対して、完全に心を開いていない状態という事なので、そんな時にこちらからガツガツいったところで上手くいくものもいかなくなってしまうのです。ですので、こういった場合は、適度な距離感を意識しつつ、相手の行動に反応するくらいでちょうどいいと思います。好きになって欲しい!という心の焦りから、人は短期集中で関係を縮めてこようとしますが、それでは逆効果となってしまいます。特に、女子と違って男子は追われれば逃げたくなる本能を持っているので、その部分も考慮して上手にお付き合いしていく事が肝心ですね。

驚愕の複雑な恋愛成就率!当たる本格電話占いティユール

portrait-1216264_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)