障害があるほど燃える!といった恋愛傾向のある人も多いと思います。障害は恋を盛り上げてくれる大きな要素となり、スリル満点でそれさえも恋愛の醍醐味だと勘違いしてしまう人もいるのです。恋愛の心理学者であるドレスコールらが行った実験でも、お互いの家が交際に反対しているほど恋人同士の恋愛満足度が高くなっていることがわかりました。

こういった恋愛傾向を、ロミオとジュリエット効果といいます。恋愛での障害と言えば、両親の反対のほかに、既に相手にパートナーがいる不倫というパターンも多いですよね。

中には、不倫じゃないと恋愛できない女子もいて、好きな人に相手がいると言うそれだけ魅力のある相手と思い込んでしまう証拠なのです。そういった感覚は、どちらかと言うと子孫を残したい女の本能に忠実なのかもしれません。少し動物的と言ったほうが正しいでしょう。

魅力的だからこそ配偶者がいる、こんなどストレートな考えで振りに走ってしまうと言う女子も少なくは無いのです。ですが相手がいるとして恋愛をあきらめる人もいれば、相手のことなどお構いなしにアプローチする人もいますよね。そんな風にアプローチする人は、ナルシストや飽きっぽい性格、人に流されやすい、寂しがり屋といった傾向があり、こういうタイプは危険な恋に身を投じてしまう可能性が大いにあるのです。

今回は、なぜ浮気や不倫、略奪愛は恋愛をこんなにも盛り上げてしまうのか? お話ししていきたいと思います。

【障害があればあるほど燃え上がる、ロミオとジュリエット効果とは?】

ロミオとジュリエット効果とは、互いに成就させたい思いがある場合、何かしらの障害があった方がその障害を乗り越えたい! という気持ちが高まることをいいます。ロミオとジュリエットの話をしている人なら納得と思いますが、シェイクスピアの戯曲ロミオとジュリエットにちなんで名付けられたのです。

モンタギュー家の息子ロミオとキャピュレット家の娘ジュリエットが恋に落ちてしまい、敵対する両家によって2人の恋を引き裂かれながらも、互いの愛を永遠にした涙なしでは見れないお話です。この話の通り、本来ならばうまくいくはずもない2人の関係をどうにかして導きたい! という思いが、余計に恋心を加速させていてしまうのだと思います。

人は高い山ほど乗り越えたい!という気持ちを、社会に向ける人は少ないですが、恋愛には向けてしまう人が多く、そのため不倫や浮気、略奪愛が魅力に感じてしまうのかもしれません。そして浮気や不倫、略奪愛に走りやすい人はどういったタイプの人が多いのでしょうか。

【浮気、不倫、略奪愛に陥りやすいタイプとは?】

こういった恋愛傾向が多い人は、特にナルシストの人が多く、自分はあまりと違って特別なのだという意識が強く、パートナーの気持ちを考えることができない人が多いです。そして、好奇心旺盛なタイプもまたこういった危険な恋愛に走りやすく、色々なことに興味を持ってしまい、興味本位で簡単に手を出してしまうという可能性も多いのです。

また、寂しがり屋な人ほどこういった恋に陥りやすく、寂しがり屋なのに不倫や浮気などもってのほかではないの?とも思うかもしれませんが、これは反対なのです。既婚者の男性がパートナーよりも自分を選んでくれる安心感が、普通の恋愛よりも大きく増すことで、心の満足度が高くなってしまうのです。そしてまた会えない寂しさに陥ってしまい、負のスパイラルに巻き込まれてしまうのも寂しがり屋さんが不倫をした結果となるのです。

驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

fairytale-958144_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)