オトコってめんどくさいことから逃げたくなる傾向がありますよね。厄介ごとは嫌い、面倒なことは嫌い、ウザイ奴とは関わりたくない。そんな男性は多いのでは? 当然、恋愛においても同じです。面倒臭い女とは恋愛したくない、それが男たちの本音なのです。では、世の男性たちはどんな女を面倒臭いと感じるのでしょうか? ちょっとまとめてみましたので、自分が面倒な女になってないかどうかチェックしてみて下さいね!

【後で文句を言う女は扱いづらい!】

デート中は楽しそうにしてたのに、「実は××に行きたかったんだよねえ」とか、「買ってあげようか?」と聞いてプレゼントしたバッグを後から「本当はバッグより靴が欲しかったんだよねえ」なんていわれたらカチンときますよね。「だったらすぐ言えよ」となるのは当然です。不満を心の中に溜めて溜めて後から言われるのは男性には納得いかないもの。

「こいつ楽しそうにしてるけど、心の中は不満でいっぱいなんだろうな」なんて疑心暗鬼になってしまい、彼が楽しめなくなってしまいます。不満があるならすぐに言う、むしろこちらからも提案するなど、自分の気持ちをきちんと伝えましょう。その都度きちんと伝えあえる仲なら、一緒に成長していけるカップルになるはずです。二人のきずなを作るのは二人です。上手に不満を伝えられるカップルでいたいものですね。

【私と仕事どっちが大事なの?の構ってほしがりちゃんも面倒臭い】

「メールの返事、ちゃんと返してよ!」「ええ?また仕事?」「おはようラインがなきゃ嫌」というかまってちゃんや、「あなたのためにしたのに!」「アナタのためを思って!」の見返りを求める女。どちらも相手の反応がないとぎゃあぎゃあ文句を言うタイプの女性ですね。実はこれ、男性がもっともウザがるタイプなんです。

仕事終わってゆっくりのんびりしたい時だってありますよ。時間がなくってどうしても返事できない時だってありますよ。望んでないことされてお礼求められても応える余裕がない時もありますよ。要はいつもいつも彼女のことばかり考えてる時間なんて、マトモな社会人にはないってこと! ちょっと距離を保ったお付き合いをしましょうね。

【会話をことごとく否定する女とは話したくない!】

楽しい会話も「でもさ、それって○○じゃない?」「え~、絶対違うよお」と毎回否定され続けたら「あっ、こいつとは感覚合わないな」「楽しくないな」と敬遠されるようになるのは間違いありません。それだけでなく、「こいつと話すとめっちゃ気を使うし、めんどい」と思われてしまうことも。

会話否定は異性だけでなく同性同士でも嫌われますので気を付けるようにしましょう。本当に相手の言うことを否定したい場合は、「ふーん、そうなんだ!そういう考え方もあるんだ!私はね」と相手の考え方を認めたうえで、あくまでも自分の考え方の一つとして提案するべきです。

相手の考え方と自分の考え方がいつも同じじゃないといけないということはありません。お互いがお互いを認め合わないとお付き合いはうまくいきませんよ。

基本的にウザイと思われる女性は相手と自分の距離感を考えてないんですよね。相手と自分は違う人間、違う生活をして、違う考え方をしていることを理解していないのです。自分本位ですべてを考え、自分がこうだから相手がこうしてくれて当たり前と、ある意味自己中心的な考え方をしているわけです。

もちろん、自分の欲求を素直に伝えることも大切です。でも、相手にうざいと思われてしまったら、その欲求がスルーされるばかりかアナタ自身が嫌われてしまう結果につながってしまうのです。きちんと相手の気持ちや状況を考えながら上手に伝えていかないといけないってことですね。



TAKEBE055122456_TP_V
 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)