恋に仕事に自分磨きにと、とにかく忙しいアラサー女。そんなアラサー女ですが、結構地雷を踏んでいることも。結婚を意識し始めるこの時期だからこそ、恋愛に慎重にならなければいけないのに、地雷踏みまくりじゃ憧れのウェディングも夢のまた夢…。というわけで、アラサー女のありがちNG行動、集めてみました。「あるある!」と思ってしまう人は要注意ですよ!


【私っておばさんだから…は周囲に気を使わせてしまう結果になる】

女も30近くなると肌のハリや疲れ具合などで「年を取ったな~」と感じることもあります。また、周囲にはどんどん自分より若い娘が登場し、余計に自分がおばさんだ、と気後れしてしまうのは自然な流れと言えるでしょう。

でもね、「私っておばさんだから~」なんて言ってたら「気にしてるのかな?」と周囲は気遣ってしまうんです。特に、年下男性にとってはプレッシャーの一言としか言えません。キレイなお姉さんとの恋愛はOKでも、オバサンとの恋愛はちょっと…と思う人もいるかもしれません。だってよく考えても来てください。「オレっておじさんだから~」というのが口癖の男性ってかわいそうになってきませんか?おじさんくさいな~と思いませんか?それと一緒です。オバサンネタでウケが取れるのは同年代の女性たちだけでしょう。

自分をおばさん扱いするのは周囲に「私はおばさんですよ!」と言いふらすのと同じ!自分から老け込んじゃだめですよ。


【ついついオトコ友達になってしまうアラサーたち】

アラサー女は仕事も男性と肩を並べて頑張ってきた経歴を持っているはず。そんな中、男性たちとオトコ友達のようになってしまっている場合があります。若いころは嫌だったシモネタにもついていけるようになり、後輩男性に指示を出したりアドバイスをしたり相談に乗ったり…とにかく男性と対等に過ごす術を身に着けてしまったんですね。もちろん、仕事の上では大いに結構!というより、仕事してたら男女関係ないですからね!

でもね、男性に好かれようと思ったら女性らしさを捨てちゃダメなんです。あんまりにも男性化しすぎると確実にモテなくなります。「今どき男らしいとか女らしいとかありえない。そのままの自分を好きになってくれる人を探すから!」というのもアリです。でも、人に好かれようと思ったらある程度は人の好みに合わせることも必要。今の日本男性はなんだかんだ言っても女性らしいところを見つけて恋に落ちるというケースが多く、ガサツなオンナは敬遠されがちなのですから。そこをどう判断するかはあなた次第。男性化はオンナとしてはNG行動。しかし、人としてはアリなのですから。


【結婚を意識しすぎて不自然になってしまう悲しい性…】

アラサーと言えば周囲がどんどん結婚出産を始める時期ですよね。それまで「ゆっくり相手を探すもん!!」と思っていた人でも少しづつ焦りが見えてくる時期でもあります。カレがいる場合はついつい結婚を意識させるための行動を頻繁に行ってしまったり、カレがいない人は肉食系女子に大変身してしまうことも。肝心の男性側としては、グイグイ来られるとちょっと腰が引けてしまうこともあり、ますます縁遠くなってしまうという結果に。確かに結婚はただ指をくわえて待っていてもやってきませんが、あまりにも結婚したいアピールを出しすぎると男性の負担になってしまいます。少しだけココロの余裕を見せた方が女性としての魅力を損なわずに済みますよ。


アラサーって、本当は女の一番いい時期なんです。世の中の酸いも甘いも経験し、包容力で男性を包み込める、そんな時期なんです。一番魅力あふれるこの時期だからこそ、自信をもってオンナとしての勝負をしましょう!



woman-609252_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)