仕事でも恋愛でもそうですが、色々と失敗することもありますが謝ることによって許されることも多いですよね。解釈の仕方や捉え方はそれぞれですし、伝えたい事も違った解釈をしたとしても話あった時に分かり合えることもあると思います。しかし何事にも限度というものはあります。一つの言葉で傷つけてしまう事や信頼を失ってしまう事もあります。恋愛だと特にそうですよね。好きな人に言われたくない言葉ももちろんあるわけで、思わず言ってしまったとはいえ信用度は無くなってしまって、相手から冷められます。では、男子にとって冷めてしまうセリフとはどんなことバなのでしょうか。


■○○君と呼び間違える

仮にも、好き同士や付き合っている場合、名前を間違えてしまうのは一番のご法度に近いのではないでしょうか。そもそもが、男子友達というよりも浮気の心配をしてしまいます。もちろん、そう思われてしまってはどう弁解してももう遅いでしょう。しかも、まだ昔の男と連絡とってるのかな?やっぱり前のが良かったんじゃない?と思われて、結果的にフラれるという形になるケースが多いようです。


■鬱陶しい、ウザイなどの文句

カップルになると少なからず出てくる問題である、束縛や嫉妬。そこに嫌気がさす人も少なくないと思います。そこで、心配性になりすぎて色々と鬱陶しくなってしまい「ウザイ」や「鬱陶しい」と直接いってしまっていませんか?言葉がストレート過ぎるとさすがに心が強い男子でも、傷ついてしまうものです。あくまでも、うざいと思ったとしても直接的に言葉を放つのではなく、少し濁してこうしてほしいな、今はこうしてほしいなど頼み事のようにいう方が男子は聞いてくれるのと同時に、気持ちが落ち着くことがあります。そうしないと、どんどんしつこくなってエスカレートしていく可能性もあるので気を付けましょう。


■喧嘩の時に、後付けのように前から思っていた愚痴を言う

喧嘩したときに、よく「前から思ってたんだけど~」と言いながら、怒りに任せて少しでもイライラしていた気持ちを吐き出していませんか?男子からすると、なんで溜め込んで今いうの?と思うようです。一度に色々なところを指摘されてしまうと、そんなにイライラしていたんだねと悲しくなる半面、なら別れようよ一瞬で冷めてしまうようです。そうならないように、溜め込まずその場で言ってお互いで直していくことも大事だと思うので、爆発する前に息抜きしておきましょう。


逆に自分が言われたら冷めるかも...と思うことも多かったのではないでしょうか。男子だからというわけではなく女子の皆さんにも当てはまると思うので、相手の気持ちを考えて少し意識してみてはいかがでしょうか。


結婚相手を探すなら★ラブサーチ縁結び★[18歳以上]

man-979980_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)