幸せなだけが恋愛ではありませんから、彼との関係について悩んでみたり、むやみに嫉妬に苦しんでみたり。普段ならスルーできることでも恋愛では感情が大きく動くため、自分の負の部分が出てきて苦しむこともあるでしょう。もっとポジティブな自分でありたいし、本当は恋愛を楽しみたいはずなのに……ダークサイドに落ちてしまうと、もやもやとした心の闇に囚われてしまうものではないでしょうか。

本来であれば恋愛は暮らしを豊かにする楽しいものであるはずですし、彼を好きな感情はポジティブなものであるはずです。好きという気持ちが爆発してしまって自分や彼を苦しめているのでは、健全な状態ではありませんよね。自分の思い通りにいかないから悩むのか、または彼に考えを委ねてしまっているから悩むのか、思考の罠にはまってしまった時に忘れてはいけないこととはなんでしょうか。

◆彼の前では無理をせず、頑張らないこと

無理をするというのは、つまり普段の自分ではないことをするということです。彼に嫌われたくないと彼に合わせてみたり、自分のキャラとはかけ離れたモテテクをしてみたり、自分を失ってまで彼の前で演じているのでは辛くなってもしょうがありませんよね。更には、急に素を彼が引いてしまうのではないかと悩んでいる人もいることでしょう。

また、彼を好きだからこそ彼を上に見てしまう人もいるかもしれません。しかし、恋愛で頑張りすぎても疲れてしまうのは目に見えています。自分は相応しくないのではないか、彼とは釣り合いが取れないのではないかと下手に自分を見下してしまってはいけません。彼と付き合っているのであれば、自分が好きな人が好きなのはあなたですし、片想いの場合でも自分の好きという気持ちを昇華してあげるようにしてください。

◆恋愛をしている自分を愛せるかどうか

彼の前での自分を想像してみてください。または、どんな風に接したいかを考えてみてください。恐らく、メソメソ重たい印象は彼に与えたくないはずです。彼も自分も笑顔でいられる関係が望ましいと誰もが願うのではないでしょうか。

やはり、彼に笑顔で接するためには心の余裕が不可欠です。余裕がなくなるからこそ心は闇に向かっていってしまいますし、たとえ考えすぎても彼との関係は変わりませんし、むしろぎこちなくなってしまうのではないでしょうか。恋愛をしている時の自分を愛せるかどうかが、恋愛を楽しむための必要なものだと思います。

◆自分を幸せにしてあげられるのは自分自身

相手に求めてばかりでは何も生まれないように、自分を幸せにするのは彼ではなく、あなた自身です。自立心を持って自分のための恋愛を楽しめるようにしていきたいものです。もちろん世の中には不安にさせてくるような男性もいますが、ぶれない自分さえ持っていればそんな男性も寄っては来ないのではないでしょうか。

恋愛は人生を豊かにしてくれるからこそ、他人に考えやこれからを委ねてしまっているのでは、自分に対して無責任だと言えるのではないでしょうか。どうか心の余裕を持って自分のためになる恋愛をしていきたいものですね。


自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

IMG_2081
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)