アラサーとはなんとも微妙な年齢で、何かを始めるには遅くとも、諦めてしまうのには早い年齢です。特に、結婚に関して言えば、ギリギリ買手のつくラインですから、結婚に対する焦りはありながらも、まだ大丈夫なんじゃないかといった慢心も同時にあります。

◆「成人する頃にはキレイになる」は嘘だと知っている

小さな頃に親などの年長者から言われてきた「成人する頃にはキレイになる」なんて嘘は既にわかってはいながらも、いつか大人になったら素敵な男性と結婚して……なんて童話みたいなことを未だに信じている部分もあるはずです。私たちのもう一世代前の人であれば、まさにちょうど結婚適齢期を迎えているわけですし、私たちが知っている大人は確かに結婚しているものです。

しかし、自由な恋愛や結婚が当たり前になればなるほど、男女の役割分担であったり、売手と買手のちょうどいいラインであったりが、明白ではなくなってしまいました。ダイバーシティが叫ばれる今、個性がないと辛い社会になっていくのかもしれません。また、会社ではそれなりにうまく過ごせたとしても、恋愛となるともっと過酷な個人主義社会なのかもしれません。

◆就活氷河期を乗り切った次は婚活だと……!?

学生時代の就活だって大変だったのに、今度は婚活なんて言葉が付きまとってきて、何とも残酷な話です。相手に受け入れられるような自分を作り上げて活動しない限り、マッチングなんてないということなんでしょうか。もちろん上昇的に就活をこなしてきた人もいるとは思いますが、大衆に流されるままに就活してきた人も多いはずです。さて、婚活はどうしましょう。

たとえば、上の世代に「ゆとり世代」なんて言われる私たちは、共感力が高く、周りと合わせて生きていくのが上手です。だからこそ個性が強い人は尖って生きる人たちが声を大にして「好きなことで生きてく」なんて言っているわけですが、特に好きで突き詰めたいことなんて無いんですよね。更には、せっかく手に入れた今を手放すのも怖いものです。

◆共感性の高さが新しい焦りを生んでいく

なんとなく周りと同じように過ごして、周りが結婚してくるとなると、自分もしなきゃいけないような気がしてくる。これが結婚に対する女子の焦りの1つの原因なのではないでしょうか。周りと同じことができないのでは自分が異質な存在な気がしてしまいますし、だからといって強い個性を持って生きていく自信もないとなると、早急に結婚しないといけないような気がします。

とはいえ内定がゴールではないように、結婚はゴールではありません。新卒の会社を離れて転職するのが当たり前となってきた今、離婚が当たり前の世の中にもなってしまうのでしょうか。会社の場合は自分の代わりなんて容易にみつかりますし、自分から新しい活躍の先を見つけることも簡単でしょう。

しかし、離婚ともなると相手のせいにしてしまいそうではありますが、結局のところ、自分で自分の責任はとらないといけないはずです。つまり、恋愛の中で悲劇のヒロインを演じられた時期があったとしても、これから30代40代になった時にもう悲劇のヒロインじゃいられないのです。ヒロインも代わりがいるのです。

周りに流されてばかりいると、周りのせいにもしたくもなりますが、結局そこまでの行動を起こしたのも自分ですし、最後の決断をしたのも自分です。悲劇のヒロインでいられるのも今のうち? 誰のものでもない自分の人生を進んでいきたいものです。
 

結婚相手を探すなら★ラブサーチ縁結び★[18歳以上]

fairytale-958144_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)