cLINEによって、好きな人との連絡も気軽に取れるようになって、毎日欠かさず連絡するようになったというような人も増えたのではないでしょうか。ただ、連絡を取るのはいいんですが、相手に送り方を間違えていませんか?連絡を取ればいいというものではありません。男子と女子とでは、考え方が違うので送り方によっては嫌気がさしてしまう事もあります。なので、今回は男子からもう送ってこないで欲しいと思われてしまうLINEの内容を紹介したいと思います。


■真剣な話の途中や、会話の途中にスタンプ

最近では、動くスタンプや喋るスタンプなど様々なスタンプが配信されていますよね。クリエイターさんが作ったものなど面白いスタンプも増えてきています。もちろん、可愛いものや面白いスタンプはつい買ってしまうものですよね。ただ、買うのも使うのももちろんいいんですが、タイミングをちゃんと考えて使うようにしましょう。真剣な話をしている時にスタンプを使われたり、会話の途中でスタンプを使われると可愛いから使っているのかもしれませんが、男子からするとどうリアクションをとればいいのか分からないものです。そもそも、会話している時にスタンプを使われることをあまり男子はよく思わないものです。時と場合で使い分けるようにしましょう。


■一つにまとめず小分けにメッセージ

男子としては、LINEだろうが何だろうが簡潔に一つにまとめてやることが多い分、小分けにされることに慣れていません。むしろ、小分けにされると通知が邪魔だとか、意味のない話まで送ってこないでほしいなど、好きな人だから別にいいよという考えは特になく思ってしまうようです。確かに、好きな人とは色々な話をしたいと思うものですが、小分けにメッセージをするのはNG。一つの文章にまとめて、話題を変えた方が男子からすると鬱陶しく思われずに済むし、話の流れとしてもスムーズだと思いますよ。


■基本的に短文しか送ってこないのに、既読既読?という

短文でメッセージが来ると、どう返事したらいいのか分からないという感じになったことある人が多いと思いますが、短文で終わらされると会話の終わりと考える人も中にはいると思います。そこで会話が終わったんだと思い、男子は基本的に放置してしまう人が多いものです。なのに返事をせずに放置していたら「なんで既読無視なの?」と聞かれ、男子はそれに対して嫌気がさしてきます。あくまでも、会話を切っているのは自分自身なので、相手に対して返事を催促してしまうのは間違えなのかもしれません。あくまでも、返事を返してほしいと考えるのであれば自分から話題を積極的に話題を出していきましょう。


さすがの男子も、好きという気持ちがあれどLINEに関しては納得できないところや気持ちがあるようです。こういうLINE関係の話は男子的には、あまり口に出さないかもしれませんが不満に思っていることもあります。自分が相手の立場になった時に、こういう返事をされたらどう思うかなど考えてLINEを送ると、少し内容も変わってくるのではないでしょうか。今やなくてはならないLINEです。上手く活用して、気になる人との距離をもっと詰めていければいいですね。

結婚相手を探すなら★ラブサーチ縁結び★[18歳以上]

smartphone-1281632_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)