遠距離恋愛はうまくいかない、そんな話聞いたことありませんか?遠距離恋愛がうまくいかないのにはいろいろな理由があるようです。でも、最初からうまくいかなくなる理由を知っていれば対処のしようもあるはず!ということで、遠距離恋愛のお別れパターンとその対処法を集めてみました!遠恋中の人や、遠恋予定の人はぜひ、参考にしてくださいね!


【やっぱりいつも会わないとダメになってしまうの?身近な方に引き寄せられる法則】

遠恋の最大の敵と言えば≪浮気≫。そう、離れて暮らす恋人たちの間に、ひとたび異性が入ってきたらそちらに流れてしまう可能性がぐんとアップしちゃいます。実は、人間は接する機会が多ければ多いほど好感を抱きやすくなる生き物。滅多に会えない恋人よりも、いつもそばにいてくれる人のことが好きになる、というのは心理的によくあることなんです。けれど、浮気しない人はしませんよね?同じ遠恋であるにも関わらず、この差は一体何なのでしょうか?まず一つはその人の性格でしょう。世の中には「浮気は悪!」「浮気なんて汚いことはしない」という潔癖な人もいます。こういう人の場合、現地で好きな人が出来たら速攻別れ話を始めますので、むしろ面倒なタイプと言えるでしょう。

もう一つは上手に隠せる人であること。実は浮気してるし、その相手のことも好きなんだけどもめるの嫌だから隠しとこう、というなんともお調子者的な人、結構いるんですよね。結局上手に隠せて遠恋終了後にちゃっかり現地の恋人とお別れ、元の恋人の所に戻り結婚、周囲には遠恋を貫いたという風に映っているケースもあります。最後は愛が冷めない様にお互いが努力しているケース。これが一番理想だと思います。遠距離恋愛の相手と長く続けていくには、結局お互いの努力が必要なんですよね。

会える限りは会う、連絡を取れるときはしっかりとる、お互いのその日の事を伝えあう、こういった些細なコミュニケーションが多ければ多いほど愛が冷める確率は減ってきます。特に男性の場合は、性欲の問題もありますので、定期的に性交渉を持つのも大切なことです。お互いが時間を作れるよう、上手に調整しましょう。


【スカイプなどを利用して、話すとよりGOOD】

最近は技術が進んできて、スカイプなどのテレビ電話が普及してきています。音声だけの通話や文字だけのメールと違い、顔を見て話せるのはかなり高ポイントです。なんだかんだ言って見慣れた顔は落ち着きますし、相手の表情が見えることで、より親密に話すことが出来ますので、愛を確かめ合うにはぴったりなのです。生活の様子もわかりやすいですし、出来れば毎日、毎日が難しいのであれば2~3日に一度はそうやって話すことをお勧めします。そうすれば、月に数回会うだけであっても、いつも会っている感覚でいられるため、身近な存在であり続けることが出来るでしょう。


【マイナス感情を吐き出さないよう努めよう】

離れているときこそ、楽しい会話を続けることが大事です。「まだ、こいつと話していたい」「こいつと話しているときが一番楽しい」そう思われることが浮気防止の第一条件です。相手が楽しいと思われる話題を提供し、明るい雰囲気を出すことが大切なのです。でも、時々ひねくれたやつがいて「俺がいなくっても楽しそうだな」とか「他に男がいるから余裕なんだろ」とめんどくさいことを言う場合があります。ですので、いくら楽しい話題を振っていても「アナタがいなくて寂しい」「やっぱりアナタがいないと生活にハリがない」そんなかわいらしい言葉を織り交ぜておくようにしておきましょう。きっと相手も「そうだなー、俺と一緒にいた方が幸せだよな。せめていっぱい話してやろう」という気持ちになれるものです。


遠距離恋愛を経験したカップルは、乗り越えられれば強いきずなで結ばれた最強カップルになれます。それは離れている間、お互いを信頼し、愛を守るため努力した証です。上手に乗り越えて最強カップルを目指しましょう。


驚愕の願望成就率!当たる本格電話占い梓弓

excursion-1477104_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)