男性からのお誘いがないわけでもないし、なんとなく良い感じだなと思える相手もいるけれども、彼から最後の「付き合おう」の一言がどうしてもない……そんな女子が意外と多いのではないでしょうか。女子の場合、モテることが素敵な恋愛をすることには直結しません。

男性に軽く見られてしまうと、せっかく発展するはずだった恋愛もそこで終わりとなってしまいます。遊べる女子フォルダに入ることで、本命フォルダにはなかなか入れてはもらえません。ちょっとしたアピールのつもりが軽く見られてしまっては嫌ですが、どんな女子が「イケそう」だと思われてしまうのでしょうか。

◆下ネタも平気? ノリが良すぎる

本来であればノリが良い子はモテるのですが、ノリノリすぎる子は本命候補から外されてしまいます。たとえば、下ネタがわかりやすいのではないでしょうか。もう大人ですから恥じらうのも変ですが、自分から話を振ったり、聞いてないことまで言ってしまったりはやめておきましょう。

下ネタは皆の共通の話題でもありますし、その会では皆が盛り上がってくれます。しかし、女子が汚れ役を引き受ける必要はありません。その時は楽しくとも、気になる彼と恋愛に発展していく可能性は薄くなってしまいます。

◆過去の恋愛を堂々と皆の前で話す 

下ネタと同様にいらないことは話しすぎないのが鉄則です。聞いてもないことはなるべく話さないようにするのが良いのかもしれません。ノリで聞かれたとしても全てを答える必要はありませんから、含みを持たせたり、さわりだけ話したりにとどめておきましょう。

特に過去の恋愛について話したくなってしまうのが、幸せなのろけ話よりも不幸なエピソードのほうだと思います。皆がドン引きしないレベルの鉄板ネタであれば問題ありませんが、突っ込みづらい内容はやめておいたほうが無難です。

◆触りすぎ厳禁! ボディタッチが多すぎる

確かにボディタッチは効果的なのですが、やりすぎると引かれます。特に、酔った勢いで誰でも彼でも触ってしまっては、軽く見られてもしょうがありません。気になる彼氏に見えないようにそっと触るくらいが範疇ではないでしょうか。

そもそも女子と男性ではボディタッチに関する考え方が違います。女子にとって何気なく触っただけでも、男性からすると意識してしまうもののようなのです。それを都合よく解釈されてしまう可能性もありますから、むやみに触るのは避けておいたほうが良いでしょう。

もしセフレを探していたり、ワンチャンを求めていたりしている場合は、以上のようなことをオーバーにしていても問題はありません。しかし、本命として見られたいのであれば話は変わってきます。何事もやりすぎないようにして、テクニックは上手に使ってくださいね。


自然な出会いが待っている結婚相談所【スク婚】

woman-1477091_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)