「足がクサイ」となると「お父さんの足のにおい」など、男性のイメージがありますが、女性でも足のにおいに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ブーツを履いたとき以外にも、夏のサンダルなどで「足がクサイかも」と悩んでしまう女性も多くいるようです。足のあの嫌なにおいは、どうして発生してしまうのでしょう。また、どうすれば解消できるのでしょうか。


◆足のにおいの原因はなに?

足がどうして臭くなってしまうのかというと、汗と細菌が原因です。足の裏には実は汗腺がたくさんあり、非常に汗をかきやすいのですが、ブーツのように熱がこもってしまう靴や、汗を吸収しないストッキング、サンダルなどを履いていると、においが発生してしまいます。ただし「汗自体ににおいがする」わけではありません。足のにおいは、通常感じるような「汗臭い」というようなにおいではないですよね。あの匂いは、汗と一緒に流れてきた古い角質の成分を細菌が分解することで発生してしまいます。


◆どうすれば足のにおいを改善できるの?

女性で足がクサイなんて、恥ずかしくて人に相談できませんし、彼氏の家に遊びに行くときや靴を脱いで上がり込むタイプの飲食店などにも、自信を持って行くことができず、ひとりで悩んでしまいますよね。なんとかして解消したいものですが、どうしたら良いのでしょうか。

・細菌をしっかり殺菌する
汗自体がクサイわけではなく、細菌がにおいの原因になっているため、まずはしっかりと足を洗うときに殺菌しましょう。その際には。足の指のあいだなどを忘れてはいけません。意外にも、足の指のあいだをしっかりと洗えていない方が多いので、足の指のあいだまでしっかりと殺菌できるように洗いましょう。また、ボディソープは保湿効果が高いものも多く、足に使用すると逆ににおいの発生を悪化させてしまう場合がありますので、足用の石鹸は体とは分けて、殺菌効果の高いものを選びましょう。

・古い角質や垢をしっかり落とす
古い角質を落とす方法として、軽石などを利用している方も多いのではないでしょうか。ですが、軽石などでは足の指のあいだは洗えませんよね。指のあいだには垢などがたまりやすいため、垢すりなどを使用してしっかりと洗うようにしましょう。また、角質除去には、ボディー用のピーリング剤などを使用するのもおすすめです。


◆洗ってもにおいが取れない?

しっかりと洗っているにも関わらず、においがなくならないという女性も多いのですが、その場合は、しっかりと洗えているのか、もう一度確認してみましょう。垢や古い角質が落ちるように、しっかりとゴシゴシ洗うことが大切です。また、爪のあいだはにおいの原因である細菌が一番好む場所ですから、特に注意が必要です。爪を短く切る、爪のあいだをしっかり洗うなども細菌に対して効果がありますので試してみましょう。爪のあいだを洗う際には、専用のブラシなどもありますから、うまく活用してみてください。


ちょっとしたことでにおいを発生させる細菌の活動は、ちょっとしたことで抑えることもできます。日々の生活に少し手間をかけるだけで、あの嫌な足のにおいが抑えられるならば、取り入れたいところですね。ですが、これらの方法でにおいが抑えられない場合には、他の病気が原因であることも考えられます。においが強いからといって必ずしも病気というわけではありませんが、改善しない場合には、早めに病院に行って診てもらうのが良いでしょう。病院にかかれば、殺菌作用の強い薬を処方してもらうこともできるかと思いますし、病気かどうかの診察もしてもらえますので、あまりに気になるようなら、足を運んでみてはいかがでしょうか。




stripped-socks-1178643_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)