正直モテるのであれば、自分の好きな人や好きなタイプにモテたいですよね。それに、タイプじゃない人にモテても付き合うということはないし、なんだか振るのも申し訳なかったりする人もいるのではないでしょうか。そもそも、なぜタイプではない人に好かれてしまうのでしょうか。その理由を紹介していきたいと思います。


■誰にでも、優しくしてしまっている

男という生き物はとにかく単純な生き物で、少し優しくされると「この子いい子だなー…」という風になり、次第に好きになっていくという流れになる男子は多いものです。しかし、その逆も然りで「この子、俺の事好きなのかな?」と気になってしまうという男子も多いんです。優しいことはいいことだし、誰からでも好かれるというところもプラスなところですよね。モテる女子の特徴かもしれませんが、逆に考えると勘違いさせてしまうタイプでもあります。男子に対して、きちんと嫌なことは嫌というような態度を取ることも忘れないようにしておきましょう。


■ついおもしろおかしな風に振る舞ってしまう

好きな人がいない場になると、素でもないけどつい楽しくていつもとは違うんだけどおもしろおかしく振る舞ってしまいがちではないですか?要は盛り上げ役のようなポジションですね。そうなってしまうと、なにかやってよと振られても断り切れず、心の中では少し面倒だな~…なんて思っていてもやってしまって、「この子、俺とおんなじノリなのかも。いいかも。」なんて思われて、いつの間にか勘違いされているなんてことも。あまりにノリが良すぎるのも恋愛にはマイナスに働くこともあるので気を付けましょう。


■自分の思い描いている理想が高い

もちろんな話、自分の理想が高いとどうしても好きな男子に好かれているという感覚になることはまず少ないでしょう。理想が高くなれば高くなってしまうほど、この感覚は大きくなってくるのではないでしょうか。自分自身が持っている理想像を持つ事はもちろん大事なことなのですが、あまりに高い理想を持っているとなかなか恋愛をすることすら難しくなってしまいことになります。妥協ではないですが、少し自分の中の理想像を見直して、視野を広げてみるのもいいのではないでしょうか。


■好きな人に、素が出せていない

これは、好きな人に対して緊張してしまって、つい本音が言えなかったりアピールが出来なかったりと色々と空回りしてしまう事に対して、好きな人以外だと自分の素が出すことが出来、自分らしさが相手に伝わりタイプではない相手に好かれてしまうという結果になっているのではないでしょうか。ですが、これは相手に自分の良さを十分に伝えることが出来れば好きな人にも気持ちは伝わるはずですよ。


相手の勘違いであったり、こちらの無意識なうちの行動で思わせ振りな態度に取られたりと、色々と理由がある上で好かれてしまっているようです。ただ、自分の行動が原因でこうなっているということもちゃんと知っておくことも大事のようです。自分の行動を見直してみるのもいいかもしれませんね。




portrait-1320810_960_720

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)