何も行動に移せないぐらいに自分に自信が持てない時、ただ考えるばかりで時間は過ぎてしまいます。自分に対して自信を持つということは、自己肯定感の低い人にとって生半可なものではないかもしれません。しかし、小さな成功体験を積んでいかない限りは自信をついてはきませんから、まずは信頼している周りの声を信じてみてはいかがでしょうか。

◆信頼できる周りの人の言葉を信じてみる

自分のことが信じられないとしても、周りに信頼できる人はいるはずです。もちろん人間不信に陥っている人もいるかもしれませんが、その場合は好きな有名人などの言葉を信じてみてはいかがでしょうか。後者の場合は、著作本などにヒントがあるはずです。

もし信頼できる人が1人でもいる場合、相談に乗ってもらうことが大切です。言葉はぐちゃぐちゃのままでも構いませんし、どうしても話したくない時は一緒に話をするだけでも構いません。悩んでいる時ほど、周りの言葉に敏感になっているはずですから何か汲み取れることがあるはずです。

◆尊敬する人だったら対処をどうするか?

どうしても冷静になれない時は自分の尊敬している人や信頼を置いている人だったら、どう対処するのかを考えてみることも良いでしょう。相談できるまで言葉を落とし込めずに自分でもぐちゃぐちゃになっている時、尊敬している人だからこそ時間を奪うような真似はしたくないと考えるはずです。だからこそ1度相談する前に、自分の中で彼らならどうするのか考えてみるのです。

尊敬している人というのは、あなたにとって腹落ちする言葉を持っていたり、逆に全く違う考え方をしていたり、何か自分にとって納得のいく価値観を持っている場合がほとんどのはずです。そして、自分の中の価値観に刷り込まれていることがほとんであるはずです。冷静であれば思い出せるはずの言葉を、意図的に出してみてください。

◆少しでも動いてみることで世界は変わる

結局のところ、些細な事でも構いませんから、何か行動を移すことで世界は変わってきます。その行動に移せないからこそ悩むわけですが、1歩目を踏み込んでしまえば次々に状況は展開していきます。最初の1歩が1番踏み出しにくいものですから、そこからは最初ほどに難しいことではないはずなのです。

意外と考えてから動くよりも、動きながら考えている時のほうが現実的な目線を持っていたり、頭がクリアだったりします。取り越し苦労ほど時間の無駄なものはありませんから、まずは飛び込んでしまうことも大切なのです。

確かに失敗は怖いものですし、更なる自己不信に陥る原因ともなると思ってしまうかもしれません。しかし、怖がっていてはチャンスも活かせませんから、まずは周りの言葉を信じてみることから始めて見てはいかがでしょうか。



best-friends-1425552_640
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)