皆さん、最近ラブソングは聴いてますか?ラブソングを聴いて恋人のこと、過去の恋愛のことを思い出して涙した経験、一度はあるのではないでしょうか。それは、その曲を作った人もまたそのような経験をしているからこそ心に響くのだと思います。過去の恋愛から一つレベルアップして次の恋を成功させるためにも、今回は女性ボーカリストのラブソングから恋愛を学んでみましょう。


◆阿部真央/貴方の恋人になりたいのです

この曲は、こちらが一方的に思いを寄せる相手に恋をしてしまう、相手との距離は少しずつ近づいているものの、なかなか親密な関係にはもっていけないなどの「もどかしさ」が歌われています。学生のときに一番人気のあるサッカー部のキャプテンや、一つ学年が上の生徒会長に恋をする。こんな経験ありませんか?この曲にこんなフレーズがあります。

「貴方をもっとちゃんと知りたいけれど、今よりもっと仲良くなりたいけど、深入りしたら嫌がりませんか?そう思うと聞けなくて...。」
「厚かましい願いではありますが、あなたの恋人になりたいのです。」

なんとも気の弱い、でもキュンキュンする歌詞ですし、なぜか共感出来てしまいますね。

でもこんなに弱きじゃ好きな相手に思いは通じません!もちろん告白して今の関係が壊れちゃうのはとても怖いです。しかし、相手の思いを知ると、その人が”自分を特別な目で見てくれていた”と、こちらも相手を特別な目で見てしまうものです。好きの一言で惚れさせるのです!それを乗り越えた先に幸せが待っています。


◆西野カナ/会いたくて会いたくて

この曲は言わずとも分かる「重い」曲ですね。あんなに愛し合っていたのに、あんなに好き同士だったのに、相手が別の誰かを好きになってしまう。なんで?どうして?という怒りと悲しみの入り混じる曲ですね。浮気されたら誰でもこうなってしまいそうですよね。この曲にはこんなフレーズがあります。

「会いたくて会いたくて震える、君を想うほど遠く感じてもう一度二人戻れたら・・・届かない想いmy heart and feelings」
「何度も愛してると言ってたのにどうして、抱きしめてやさしい声で名前を呼んでもう一度」

一度付き合ってからずっと好きだからこそ、悲しさは倍以上になりますよね。でもこれは縁が無かったと思うしかないのです。発想の転換です。自分が優位に立ち、「自分にふさわしくなかったんだ。」、「この人とは上手くいかない運命だったんだ。」と考えれば次の恋へ、未練なく進めます。進むしかないのです!

しかしなかなかうまくはいきません。そんな時はまず腹を割って話せる友達とたくさん遊んで、たくさん笑いましょう。同じ西野カナさんの曲で「Best Friend」という曲はそんなあなたにおすすめの曲です。


◆chay/あなたに恋をしてみました

chayさんはフジテレビ「テラスハウス」に出演してから人気となった方ですね。この曲は前の2曲とは違い恋をしたことをとてもポジティブに考えている曲です。ドキドキやもどかしい気持ちを”楽しんでいる”ともいえます。恋愛を自分のパワーに変えられる人のようですね。この曲にはこんなフレーズがあります。

「あなたに恋を始めましたなんでもできそうな、ああ力が湧くのは、ああそれは...ああそれは...恋の魔法ね」
「どうしよう噂で聞いた元カノと私は正反対、”好きになった子がタイプ”よく聞くし頑張るわ」

とっても前向きポジティブでいいですね。その人の為ならなんでもしてあげたくなるという母性を感じてとても好感がいいです。さらに、「好きになった人がタイプとよく聞くし、その人も多分そうだ!」という理由で頑張れるというポジティブ思考!でもその考えはすごく大事ですね。おそらくこのような人は自分の手で恋を勝ち取れる人なのだと思います。あなたも好きな人が出来たということをポジティブに考えてみては?


◆AI/Story

この曲は長年付き合って、良い所も悪い所も知ってそれでも仲良く続いてるカップルの曲といった印象を感じます。お互いを支え合いながら生きている感じに、AIさんの歌唱力も合わさって感動します。この曲にはこんなフレーズがあります。

「ずっと閉じ込めてた胸の痛みを消してくれた、今私が笑えるのは一緒に泣いてくれたキミがいたから」
「何かあるならいつでも頼ってほしい、疲れたときは肩をかすから」

お互いの日々の感謝がとてもよく分かり、結婚式の余興で歌われる理由もよく分かりますね。恋人とはこうなりたいものです。二人の間に亀裂が入っても、お互いを認め合い、尊重してきたからこその”絆”です。大人の恋愛をするなら、”大人の対応”しなければなりませんね。


◆さいごに

この他にも素晴らしい女性アーティスト、素晴らしい曲はまだまだたくさんありますし、共感できる曲はひとそれぞれです。恋愛をしている方、片思いの方、ぜひたくさん曲を聴いて恋を成功させてみましょう♪

【男性アーティスト編】も掲載予定なので、そちらもお楽しみに♪


lgf01a201406150100


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)