これを読んでいるあなたは今、理想の男性を一刻も早く手に入れたいと思っているはずです。でも本当にセックスフォースなどという方法で第六感を開発できたり、引き寄せを発生させることができるのか信じがたいのではないでしょうか?また「自分には霊感などもなく、"第六感"が働いている感覚もわからない。」そんな方もいらっしゃるはずです。

でも大丈夫!安心してください。次の方法を実践することであなたは、必ずセックスフォースを身につけることができます。そして恋の引き寄せを実現できるのです!


◆セックスフォースを身に付けるためにやるべきこと

まずは「男性から "求められる" 場所」に出向くことです。ナンパがよくおこなわれるクラブやバー、また出会い目的のパーティーなど男性が女性に積極的に声をかけてくる場所に勇気を出して行ってみるのです。

そうするだけであなたのセックスフォースは強化されます。あなたはこれらの場所において男性を第六感で引き寄せる「予行練習」をすることになります。あなたの望む男性との間にロマンティックな奇跡が起きる時の「感覚」がわかり「引き寄せ」ができるようになるのです。

ではなぜ恋を引き寄せられるようになるのか?その理由についてもっと詳しく話してゆきましょう。


◎理由1.
「感覚が完全にホモサピエンスのメス」になるため

「男性から "求められる" 場所」には、当然ながらメスを手に入れたいオスがたくさんいます。そのような環境に身を置くことによってあなたは「メスとしての野生の直感(第六感)」がビンビン働きます。例えばこんな風にです。

「あ、あの男性と目が合っちゃった。彼、きっとこっちに来て私のことを口説こうとするわ」
「この雰囲気…彼、会話をセクシーな方向に持っていこうとしているわ」
「この人、手相を見るふりをして私の手を握ってきそう」

これは「オスがメスを求めている」と意識するような場に身を置くことによって、あなたの本能がオスとのセックスにつながる情報を勝手に集め出し、インスピレーションとしてあなたのもとに届けているという現象です。あなたは自分の直感がバンバン当たることを実感できるはずです。


◎理由2.自動的にセルフイメージが上がり、引き寄せによる現実化が起きやすくなるため

「男性から "求められる" 場所」で男性から声を掛けられると「私ってひょっとしてモテる?」という気分になります。それが瞬間的に潜在意識のセルフイメージを引き上げ、「男性といい感じになる」という現実をその場ですぐに引き寄せることができるのです。

この予行練習で得た「直感をバンバン働かせて男性といい感じになった時の感覚」をよく覚えておきましょう。このように勘が働いている時、たいてい何かの身体的感覚を伴います。例えば、頭の前方に血液が集中する感覚、視界がぱっと明るくなる感覚、体がふっと熱くなる感覚、よくわからないけど「発情」する感覚など、人によってさまざまだと思います。この感覚をよく覚えておくことです。そうすると、本命男性との間に「奇跡」が起こる瞬間を引き起こす「男性の発するサイン」や「場の空気が醸し出す兆候」などに「気づく」ことができます。


◆「男性から "求められる" 場所」での注意点

さて、このように男性を第六感で引き寄せる「予行練習」をするために「男性から "求められる" 場所」を利用する時、「男性の下心」を悪く思わないようにしてあげてください。ここで「どうせ体目当てでしょ」という気持ちになると、あなたのセルフイメージも「体目当てでしか相手にされない女」となってしまい、「オスに求められている」場面での「自動セルフイメージ引き上げ効果」が減少してしまいます。また、ガードが固くなりすぎ、理性ばかりが働いてしまうので「メスとしての野生の直感(第六感)」も鈍くなってしまいます。

男性からの口説き文句は好意的に受け取りましょう。ただし、その場で誘ってきた男性と体の関係を持つかどうかは自己責任でお願いします。


◆セックスフォースを身に付けた人の体験談

私の友達の28歳のA子という女性は、3年前に学生時代から付き合っていた彼と別れて以降、ずっとシングルでした。「また傷つきたくない」「自分は男性に愛される価値がない」という思いから二の足を踏んでいたのです。私はA子を誘い出し、出会いを求めている男女が集うパーティーに参加しました。そこで私たちは、男性たちを物色するついでに第六感を鍛えるため、どの男性が声を掛けてきそうか当てるゲームを始めました。

A子はだんだん男性の視線に敏感になり、「あそこで一人グラスを傾けている彼がこっちに来ようとしているわ」とか「今バーカウンターに行ったらあの男性、絶対声を掛けてくるわよ」と勘が働くようになったのです。その時のA子はすでに「自分は声を掛けられて当然」という気持ちになっていました。その日A子はなんと「チークタイム に踊ることになる男性」までも直感で当ててしまいました。

この「予行練習」以降、何となくA子は「モテオーラ」を放出するようになったように見えました。実際男性から誘われる機会が増えたそうです。私がA子から「会社の中で何となく気になっていた男性」と付き合うようになったと聞かされたのは、パーティーの日から一か月後のことでした。A子はある時、「ふと今日は夜遅くまで残業しよう」という気になったようです。その時、「会社の中で何となく気になっていた男性」と夜オフィスで二人きりになることができ、彼も自分に好意を持っていることを直感したようです。それからというもの、二人の距離が縮まり、休日にデートする関係になったそうです。


◆さいごに

このように、自分の「第六感」を使って男性を引き寄せる練習をするには「男性から “求められる” 場所」に出向くのが一番です。あなたの野生の本能が「ピンとくる」感覚を蘇らせ、ロマンティックな展開を引き起こすことができますよ。


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)