皆さんは最近生理のタイミングがバラバラで心配、という方は多いのではないでしょうか?たしかにいつも大体同じ周期で来ていたものが来なくなると体の不調や何らかの変化があると思いますよね。

ではなぜ生理が遅れたり早まったりするのでしょうか?


◆生理が遅れたり早まったりする理由

◎ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンのバランスが乱れることが原因の一つです。仕事や子育てのストレスや、日々の疲れ、食生活の乱れなどによるものがあるようです。

◎生活環境の変化
最近仕事が変わったり、引っ越しをして住む場所が変わったりしたことはないですか?新しい環境に身を置くと、気づかないうちに身体的にも精神的にもストレスを感じていることがあります。ある程度慣れるまで時間が必要ですが、長く生理が来なかったりする場合は病院への診療をおすすめします。

◎ダイエットをする
女性なら誰でも経験があるであろうダイエットでも起こることはあります。ダイエットの基本の食事制限、運動、筋トレをしていればあまり問題はないですが、時間がなくて食事制限だけをしているという方は要注意です。ストレスもたまりますし、栄養も偏ってしまいます。

◎妊娠する
お腹に子供を授かると生理が来なくなるのはご存知ですよね。妊娠の予兆なので、最初はおそらくこれを疑うと思います。そのうち来るだろうではなく、なにか心当たりがある時には母体と赤ちゃんの両方を守るためにも妊娠検査薬を使ったり、産婦人科への診察をしてください。


◆生理周期を安定させるには

◎生活習慣を整える
理由の多くにストレスが理由として挙げられます。ストレスはイライラしているということだけではありません。毎日決まった時間に寝れない人、疲れが取れないという方は知らず知らずのうちにストレスを感じてしまっているのです。決まった時間に寝れない方は、少しの睡眠でも質の良い睡眠ができるように寝具を変えたり、疲れが取れないという方は休みの日には思いっきり遊んで好きなことをして楽しむということを意識してみてください。

◎食事をきちんととる
きちんととるというのは量を増やすことではありません。バランスよく、栄養価の高いものを食べるということです。女性ホルモンと似た成分のイソフラボンは、大豆食品に多く含まれています。納豆、豆腐、豆乳などを食事で食べるように心がけましょう。


◆さいごに

生理周期の乱れが起こるとどうしても心配になりますよね。日頃から規則正しい生活、健康的な食事を心がけましょう。

もし改善しなかったり、気を付けていても起こってしまった場合は病院の診察を受けることをおすすめします。

体に気を付けて、自分の体を大切にしてあげましょう。


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)