好きな人が振り向いてくれない・・
プロポーズはまだかしら・・・
体の相性がイマイチ・・・・・・

恋愛は女性にときめきと潤いを与えてくれる一方、ときに苦悩の無限ループをもたらします。
そんな時は、スピリチュアルの力、例えば占いや神仏への祈願に頼りたくなることがあります。でも、占いで良い結果が出なかったら余計に落ち込んでしまいますし、恋愛の神様が必ずお願いを聞いてくれる保証もありません。

そんな時こそ「とにかくエッチな気分」になることをおすすめします。それだけであなたは恋愛の負のスパイラルから一瞬で抜け出すことができるのです。

嘘だと疑いたくなる気持ちもわかります。
しかしこれは正真正銘の事実なのです。

彼や彼以外の魅力的な男性に愛撫される想像をしたり、官能小説を読んでみたりしながらこっそりベッドの中で発情しちゃいましょう。ちなみに私はそのような時「ハーレクイン小説」を読みます。

「え?何を言っているの!?」と思われるかもしれません。しかし「積極的にエッチな気分になること」によって、あなた自身のスピリチュアル能力が開花し、占いや神仏への祈願に頼らなくても、自分自身で恋愛における状況を好転させることができるようになるのです。

それはなぜでしょうか?
スピリチュアル能力の一つである「思い通りに現実をコントロールし引き寄せる能力」は「罪悪感を手放すこと」によって得られるからです。

「罪悪感」とは「こんなことをしたら怒られるだろうな」とか「これをやったら責められるかもしれない」と思う気持ちです。それは、何か後ろめたいことがある時にリアルタイムで感じる場合もありますし、小さな頃に親や先生から受けた教育の中で、気が付かないうちに蓄積された罪悪感というのもあります。この「気が付かないうちに蓄積された罪悪感」は潜在意識に保存されています。

多くの日本人女性の潜在意識に保存されている罪悪感として「性欲という罪悪感」があります。日本の昔ながらの価値観では「女性がセックスの話をするなんてはしたない」と言われてきました。最近の若い人は中高生で初体験、なんて普通かもしれませんが、まだまだ「いけないこと」と認識されていた時代を生きた両親や祖父母、またその世代の人が作ったドラマや映画などのメディアからは「気が付かないうちに」性の罪悪感を刷り込まれているのです。

「積極的にエッチな気分になること」によって性の罪悪感を自分自身で解放していく作業ができます。性の罪悪感が解放されると、あなたの潜在意識はこんな風に書き換えられます。

「自然な性欲があっても私は愛される」
「私は性的な魅力で彼を虜にできる」
「私は彼に浮気されないセックスができる」
「セックスの最中の私はとても美しい」
「私は自分がしたいセックスを自由に選択し楽しむことができる」
「私は望まない セックスを拒否することができる」

潜在意識にこのような情報が書き込まれていると、その現実が引き寄せられます。セックスに関する潜在意識の情報を書き換えることによる引き寄せパワーは、占いで定められた未来の運勢を覆し、神仏の力で奇跡を起こすことと同じくらい強力な「セックスフォース」なのです!




さて、この方法を実践し始めたら、占い師さんに相談するのはいったんお休みしてください。もし良くないことをアドバイスされた場合、せっかくポジティブな内容を潜在意識に書き込む作業をしているのに「やっぱりだめなんだ」という気持ちに囚われるようになってしまい、潜在意識にネガティブな情報が侵入してしまいます。


私自身も10 代の頃からこの方法で確実に望む男性を引き寄せ、恋愛の悩みを解決させてきましたが、私の友人にもこの方法をすすめて実践してもらいました。

その友人は30歳の経理事務をしているS子という女性です。いつも「片思いの同僚男性との恋が成就するか」を占い師のところで相談し、ネガティブなことを言われると落ち込んで必ず私に電話を掛けてくるのでした。S子は古風な女性なので、セックスの話などはあまりしたがらない女性でしたが、私は冗談半分で、「占いに行くのもいいけれど、しょっちゅうエッチな気分になった方がうまくいくよ。エッチな女性になると潜在意識の引き寄せ力がアップするんだよ。」とアドバイスしました。

やはりS子は最初冗談に決まっていると笑って受け止めましたが、映画のラブシーンを見ていると自分も興奮してきて、それだけではなく、自分も映画の女優さんのようないい女になった気分になれることに気が付きました。ここで「罪悪感なくエッチな気分になれる」と気が付いたS子は毎晩ベッドの中で、レディースコミックを片手に「エッチな気分」になる習慣を身につけました。コミックで興奮し始めたら今度は、片思いの彼との情事を妄想し、一人身もだえるのです。

こんなことを毎晩毎晩行っていたS子の瞳はだんだん潤うようになりました。いつのまにか顔のニキビが治り、お肌もしっとりツヤツヤするようになっていきました。

そして、一番の収穫は、S子が「チャラそう」というイメージを抱いて避けていた、同僚の少し派手目な女性と仲良くなったことです。その女性は一見遊び人風ですが、とても友人を大切にする人で、なんとS子と彼を近づけるためのホームパーティーをセッティングしてくれたのです。

そしてS子はパーティーをきっかけに彼と急接近することができ、3週間後にはめでたく彼と付き合うことができるようになったのです。

映画や漫画などから罪悪感なくエッチな気分を引き出し、エッチな自分を潜在意識下で「解禁」したことにより、S子は苦手としていたセックスを連想させる女性と親しくなることにすら自分に対する「許可」を出しました。その結果、セックスに関する罪悪感を克服し、最高の結末を引き寄せたのだと思います。

恋愛で迷路の中に迷いこんでしまい、悩みのループから抜け出せなくなったら「積極的にエッチな気分に」なりましょう。潜在意識のセクシュアリティに関する情報がポジティブな内容に書き換えられ、恋愛の状況が好転しますよ。



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)