梅雨入りしてから少し経ちましたが。ようやく雨が本格的に降るようですね。梅雨の季節に悩まされるといえば、湿気ですよね。ジメジメするのは暑いですし、いろんなところで"カビ"が発生します。

部屋などでは対策している人も多いですが実はカビが生えるのはそこだけではないんです。




◆デリケートゾーンのカビ「膣カンジダ菌」

膣カンジダは、カンジダというカビの一種がもとで起きる感染症です。デリケートゾーンが痒くなったり、においが出たり、ひどくなると炎症を起こしたりします。

症状などから性感染症だと思われがちですが、これは他人から感染するというわけではありません。元々デリケートゾーンのところにある菌が、ストレスや免疫力の低下によって繁殖して症状が出てしまうんです。








◆ムレは菌が繁殖する原因

梅雨の時期はジメジメします。菌はこのジメジメが好きなので、カビ菌などもこの時期に繁殖しやすいんです。

ジメジメしていると汗をかくので、下着やナプキンなどで通気性の悪くなったデリケートゾーンは部屋と同じくらいジメジメしています。

梅雨は特にカンジダ菌というカビに注意が必要なんです。




この記事の続きは姉妹サイト「リアリス」で読めます!今すぐバナーをクリック!






【関連記事】
・隠れ水虫急増中!特に気をつけてほしい夏の水虫
・生理中の気になるニオイ。このニオイって何が原因?!
・素っ裸で寝るのは健康にいい?まさかの裸健康法
・アナタのムダ毛処理は間違ってる!?正しいムダ毛処理のやり方♡



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)