ある男子のことが好きになった時に、自分の感情だけでは不確かなことってありますよね?気が合い、一緒に遊んでいるのが楽しいから"友達"として好きなのか、心が高鳴り、この人とずっと一緒にいたいと「恋愛」として好きなのかは難しいところです。

今回はどちらの意味で好きなのかをチェックするための5つの項目を教えちゃいます♪




◆誰かと仲良くしているのを見ると嫉妬してしまう

恋愛感情を持つとその人を独占したいという気持ちが高まってきます。すると、男子が自分以外の友達と楽しそうに話していたりするとちょっとした嫉妬心が生まれてしまいます。それは同性、異性に関わらず感じてしまう人が多いです。

もし独占欲が強くなってきたら恋愛感情になっているのかもしれません。


◆周りから「あの人のこと好きなの?」と聞かれる

好きな人ができるとキラキラしだしたり、元気になったりする人いますよね?恋愛をすると美しくなるといいますので、雰囲気が変わる人もいます。また、自然と目で追ってしまっている時もあります。

女友達などの第六感が働いて、「あの人のこと好きなの?」などと聞かれることがあれば、恋愛感情が芽生えているかもしれません。


◆一緒にいる時より、いない時の方がその人のことを考えてしまう

友達として好きな場合は、遊んでいる時間がとても楽しく、また会いたい!という感情になります。しかし、恋愛感情になると一緒にいる時間も楽しいですが、「今はなにしてるんだろう。」「会いたいなぁ。」と、一人の時の方がその人のことを考える人が多いようです。

いつでもその人のことを気にかけるようになったら、恋愛感情に変わっているのかもしれません。


◆その人の前だと空回りしてしまう

好きと言う感情のフィルターが一枚あるだけで、なかなか普通に接することが難しくなってしまいがちです。いざ会うと何を話そう、髪型崩れてないかな、顔に何かついていたりしないかな、と色々考えすぎてあたふたしてしまいます。そのせいで変な人だと思われたと落ち込んでしまうということもあります。

いざ会うとドキッとしたり、顔を見て話せなかったりしたら、もう友達としての好きではないかもしれません。


◆逆に遠ざけてしまう

上で述べたことが頻繁に起きると、変な人と思われたくないが故に、会ってもすぐにその場を離れたい!と感じてしまうようになります。本当はもっと話したいし、自分のことを知ってほしいけど、緊張しちゃう!と感じるようです。

思っていることと行動が違ってくる、このちぐはぐこそが恋愛感情なのかもしれませんよ?


◆さいごに

いかがでしたか?今の自分に当てはまっていましたか?恋愛感情になるとやはりいつもとは違う行動をとったり、違う感情になったりします。

焦ってしまったり、から回ったりすることもあるので、一旦呼吸を置いて落ち着いて接してください♪



【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・結婚の第一条件!男子が「気が利く」と感じる女子の行動5つ
・モテる女は”褒め上手”!男子が褒められて嬉しいこと4つ



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)